ラッセル『権力-その歴史と心理』第9章 世論に対する影響力 n.11


 官製宣伝(公的な宣伝)の力を過大評価することは -特に(官製宣伝に対 する)競争(相手)がまったくない場合は- 容易である。官製宣伝が,時が (時間)がたてば官製宣伝の虚偽を明らかにするであろう誤った命題を信じさ せようと専心する限り,官製宣伝は,ガリレオに反対したアリストテレス学派 の人たちのような,悪しき立場に立つ(ことになる)。2つの対立する国家集団があり,どちら側も戦争での勝利の確実性を(国民に)教え込もうと努力し ていると仮定すると,両側ではないとしても,一方の側は,必ず(政府の)公
式声明に対するめざましい反論(論駁)を経験するに違いない。反対の宣伝が全て禁止されているところでは,統治者は,自分たちはいかなることでも(国民に)信じさせることができると考えがちであり,そうすることによって,彼 ら(統治者たち)は,傲慢(over-weening)にも,軽率にもなる。虚言は(が /も),その勢いを保持しようとするのであれば,競争(対抗するもの)が必要である。
 世論に影響を与える力(権力)は,他のすべての形式の権力と同様に,合同し集中化する傾向があり,そうして,論理的には,国家の独占へと導いていく傾向がある。しかし,戦争(の場合)は別として,国家が宣伝を独占すれば,政府は不死身(invulnerable 難攻不落)になるに違いないと仮定するのは早計であろう。結局,権力を掌握した者は,普通一般の人々の利益に対してあまりにもひどく無関心になりそうである。それはルーテル時代の(歴代の)教皇たちの民衆に対する無関心さと同様である。遅かれ早かれ(早晩),二番目のルーテルが国家の権威(権力)に挑むことになり,彼の先行者と同様に急速な成功を納め,彼を抑えることは不可能になるであろう。このようなことは,統治者(支配者)たちが起こるはずがないと信じているからこそ必ず起こるであろう。しかし,そのためにおこる変化が改善に向かうかどうかを予見することは不可能である。

Chapter IX: Power Over Opinion, n.11

It is easy to overestimate the power of official propaganda, especially when there is no competition. In so far as it devotes itself to causing belief in false propositions of which time will prove the falsity, it is in as bad a position as the Aristotelians in their opposition to Galileo. Given two opposing groups of States, each of which endeavours to instil the certainty of victory in war,
one side, if not both, must experience a dramatic refutation of official statements. When all opposing propaganda is forbidden, rulers are likely to think that they can cause anything to be believed, and
so to become over-weening and careless. Lies need competition if they are to retain their vigour.

Power over opinion, like all other forms of power, tends to coalescence and concentration, leading logically to a State monopoly.
But even apart from war it would be rash to assume that a State monopoly of propaganda must make a government invulnerable. In the long run, those who possess the power are likely to become too flagrantly indifferent to the interests of the common man, as the Popes were in the time of Luther. Sooner or later, some new Luther will challenge the authority of the State, and, like his predecessor, be so quickly successful that it will be impossible to suppress him.
This will happen because the rulers will believe that it cannot happen. But whether the change will be for the better it is impossible to foresee.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER09_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です