ラッセル『権力-その歴史と心理』第9章 世論に対する影響力 n.4


 今日,人間に関する諸問題における一つの(強い)力としての理性をけなすことが慣例となっているが,それにもかかわらず,(理性の象徴である)科学の勃興はそれとは反対側の論拠となる圧倒的な力を有している(注:科学は人間の理性に対する信頼を高める力となる,ということ)。科学者(たち)は,知的な俗人たち(注:intelligent laymen 科学の門外漢)に、ある種の知的な物の見方は武勇や富に役立つことを証明した(明らかにした)。こうした(武勇とか富というような)目的に対する欲求にはとても熱烈なものがあったので,新しい科学的な物の見方は,伝統の(強い)力があったにもかかわらず,また教会の歳入やカトリック神学と結びついた様々な感情があったにもかかわらず,中世(時代)の物の見方を圧倒した(のである)。世界はもはやヨシュア(注:モーゼの後継者で,イスラエル民族の指導者)が太陽を静止させたというようなことを信じなくなった。それは(天動説を唱えた)コペルニクスの天文学が航海に役立ったからであった。世界がアリストテレスの物理学を放棄したのは,ガリレオの落下物体の理論が砲弾の軌道の計算を可能にしたからであった。世界がノアの洪水の物語を拒否したのは,地質学が鉱業(採鉱)に役立つからである,等々。
 
 このようなしだいで,現在では,科学が戦争においても,平時における産業にも不可欠であり、また、科学なくしては,国家は強力にもなれないし富むこともできないということは,一般に認められている。(注:みすず書房版の東宮訳では “in peace-time industry” を「平和産業」と誤訳している)
 
 こういった世論に対する影響は,単に事実に訴えることを通して、科学によって成就されてきた(注:東宮氏は “All this effect on opinion” を「意見に及ぼす,このような影響も・・・」と訳しているが,ここでの “opinion” は単なる個々人の意見に対する影響ではなく「世論」に対する影響と考えて訳すべきであろう。もちろん,世論は個々人の意見の一般的集約ではあるが・・・。)。一般理論として科学が言うことは,疑問に付すことができるものであるが,技術としての科学の結果は誰にとっても明らかである。科学は白人に世界の支配権を与え(たが),日本人が科学技術を獲得した以降にのみ(以降に初めて),白人の支配権は失われ始めている(のである)。

Chapter IX: Power Over Opinion, n.4

It is customary now-a-days to decry Reason as a force in human affairs, yet the rise of science is an overwhelming argument on the other side. The men of science proved to intelligent laymen that a certain kind of intellectual outlook ministers to military prowess and to wealth; these ends were so ardently desired that the new intellectual outlook overcame that of the Middle Ages, in spite of the force of tradition and the revenues of the Church and the sentiments associated with Catholic theology.he world ceased to believe that Joshua caused the sun to stand still, because Copernican astronomy was useful in navigation ; it abandoned Aristotle’s physics, because Galileo’s theory of falling bodies made it possible to calculate the trajectory of a cannon-ball ; it rejected the story of the flood, because geology is useful in mining; and so on. It is now generally recognized that science is indispensable both in war and in peace-time industry, and that, without science, a nation can be neither rich nor powerful.

All this effect on opinion has been achieved by science merely through appeal to fact : what science had to say in the way of general theories might be questionable, but its results in the way of technique were patent to all. Science gave the white man the mastery of the world, which he has begun to lose only since the Japanese acquired his technique.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER09_040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です