ラッセル『権力-その歴史と心理』第9章 世論に対する影響力 n.3


 けれども,いかなる段階においても,強制力の助けを借りずに,世論(opinion)に影響を及ぼす重要な例がいくつか存在している。こうした例のなかで最も顕著なものとして科学の勃興がある。今日,科学は,文明国においては,国家によって奨励されているが,科学の初期の時代はそうではなかった。ガリレオは自分の主張を撤回させられたし,ニュートンも造幣局長(Master of the Mint,)にさせられて(研究することを)禁ぜられたし,ラヴォワジェも「フランス共和国は科学者(化学者)を必要としない」という理由でギロチン台で処刑された。にもかかわらず,これらの人々や彼らに類似した少数の人々は,近代世界の創造者であり,彼らの(人類の)社会生活に及ぼした影響(力)は,キリストとアリストテレスを除き,歴史に知られている他のいかなる人物の影響(力)よりも大きかった。これと比較できる影響(力)を与えた唯一の人物はピタゴラスであるが,彼は実在の人物かどうか疑わしい。

Chapter IX: Power Over Opinion, n.3

There are, however, some important instances of influence on opinion without the aid of force at any stage. Of these the most notable is the rise of science. At the present day, science, in civilized countries, is encouraged by the State, but in its early days this was not the case. Galileo was made to recant, Newton was estopped by being made Master of the Mint, Lavoisier was guillotined on the ground that “la Republique n’a pas besoin de savants.” Nevertheless these men, and a few others like them, were the creators of the modern world; their effect upon social life has been greater than that of any other men known to history, not excluding Christ and Aristotle. The only other man whose influence was of comparable importance was Pythagoras, and his existence is doubtful.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER09_030.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です