ラッセル『権力-その歴史と心理』第9章 世論に対する影響力 n.1


 世論(の力)は万能であってそれ以外の権力形態は全て世論から出てくる,という見解に対する賛成論を述べることは容易である(注:make out a case for ~に対する賛成論を述べる)。軍隊は兵士たちが彼らが闘っている大義(目的が正しいこと)を信じていなければ役にたたないし,傭兵の場合には,自分たちの指揮官が彼らを勝利へと導く能力を持っていると信頼していなければ役に立たない。法律も一般的に尊重されていなければ(一般国民が尊重していなければ)無力である。経済制度も法に対する敬意(法の尊重)に依存している。たとえば,平均的な市民が貨幣偽造にまったく抵抗しなければ,銀行業務はいったいどうなるであろうか? 宗教上の世論(注:religious opinion 宗教上の多くの人々の共通意見)は国家よりも強力であることを(宗教はこれまで)しばしば証明してきた。仮に,いかなる国においても,大多数の者(国民)が社会主義に賛成するのであれば,資本主義は実行不可能となる。このような根拠から,世論こそ社会問題における究極的な権力であると言うことも可能であろう。

 しかし,このような見方は,半面の真理に過ぎない。というのは,そう言った見方は世論を引き起こす諸カを無視しているからである。世論は軍事力における不可欠の要素であるのは真実である一方,軍事力は世論を生みだしうることも等しく事実である。ほとんどいずれのヨーロッパの国も,16世紀末のヨーロッパの政府の宗教(国家宗教)を,現在,自国の(公認)宗教としており,これは,主として,数ケ国において,軍事力によって(宗教的)迫害と宣伝を取り締まったことに(その原因を)帰せなければならない。世論を精神的な原因のせいだと見なすのが伝統的である。しかし,これは直接的な原因についてだけあてはまることである。背景には,何らかの信条のための力(注:force in the service of some creed 信条に奉仕する力)が働いているのが通例である。

 これに反して,信条というものは,最初はその意のままにカを持てるものではなく,広汎な世論を生みだす第一歩は,説得という手段のみによって,踏み出されなければならない(のである)。

Chapter IX: Power Over Opinion, n.1

It is easy to make out a case for the view that opinion is omnipotent, and that all other forms of power are derived from it. Armies are useless unless the soldiers believe in the cause for which they are fighting, or, in the case of mercenaries, have confidence in the ability of their commander to lead them to victory. Law is impotent unless it is generally respected. Economic institutions depend upon respect for the law ; consider, for example, what would happen to banking if the average citizen had no objection to forgery. Religious opinion has often proved itself more powerful than the State. If, in any country, a large majority were in favour of Socialism, Capitalism would become unworkable. On such grounds it might be said that opinion is the ultimate power in social affairs.
But this would be only a half-truth, since it ignores the forces which cause opinion. While it is true that opinion is an essential element in military force, it is equally true that military force may generate opinion. Almost every European country has, at this moment, the religion which was that of its government in the late sixteenth century, and this must be attributed mainly to the control of persecution and propaganda by means of the armed forces in the several countries. It is traditional to regard opinion as due to mental causes, but this is only true of the immediate causes : in the background, there is usually force in the service of some creed.
Per contra, a creed never has force at its command to begin with, and the first steps in the production of a wide-spread opinion must be taken by means of persuasion alone.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER09_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です