ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.11


 現代の大企業においては所有権と権力とは決して必然的に結びついてはいない。この問題は,アメリカ合衆国に置いて影響が大きいところから,バーリー及びミーンズ(共著)『現代株式会社と私有財産』(1932年刊)という重要な書物のなかで,権威をもって(authoritatively)取扱われている。(注:当時のアメリカの最大200の非金融会社の2/3は所有によらない支配,とりわけ専門経営者支配であることを実証分析を通して解明した著作)。この二人の著者は,所有権は遠心性がある(遠心的である)(centrifugal)のに対して,権力は求心性がある(求心的である)(centripetal)と,主張した。非常に注意深くかつ網羅的(綿密かつ徹底的)な調査によって,彼らは,2,000人の人間がアメリカ合衆国の産業の半分をコントロール(支配)している,という結論に至っている(同書 p.33参照)。彼は,現代企業の執行役員(exectives 取締役/経営陣)を昔の諸侯や教皇に類似したものと見なしている。彼らの意見によれば,これらの執行役員の動機(motive)については,アレクサンダー大王のような人物を調べてみるほうが,アダム・スミスの書物の中に出て来る商人の後継者として考えるよりも,より多くのことを学ぶことができる。これらの巨大な経済組織における権力の集中は,中世の(カトリック)教会あるいは国民国家の権力に類似しており,それは,企業(株式会社)をして国家と互角の勝負をさせるような権力である,と彼らは論じている。

Chapter VIII: Economic Power, n.11

In a modern large corporation, ownership and power are by no means necessarily combined. This matter, as it affects the United States, is authoritatively dealt with in a very important book, The Modern Corporation and Private Property, by Berle and Means (1932). They contend that, although ownership is centrifugal, economic power is centripetal ; by a very careful and exhaustive investigation they arrive at the conclusion that two thousand individuals control half the industry of the United States (p. 33). They regard the modern executive as analogous to the kings and Popes of former times ; in their opinion, more is to be learnt as to his motives by studying such men as Alexander the Great than by considering him as the successor of the tradesmen who appear in the pages of Adam Smith. The concentration of power in these vast economic organizations is analogous -so they argue- to that in the mediaeval Church or in the National State, and is such as to enable corporations to compete with States on equal terms.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です