ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.10


 経済力(経済的な権力)は,法によって規制(統制)されるものであるかぎり,最終的には,土地の所有権に依存するものであるが,現代社会においては経済的権力の最大の分前(取り分)を所有しているのは,名目上の土地所有者ではない。封建時代においては,土地を所有する者が権力を握っていた。彼ら(土地所有者)は「労働者制定法(the Statute of Labourers, 1351)」(注:14世紀半ば以降イギリスで制定された労働者規制法。低賃金の農村労働力確保と物価統制を目的に 制定されたもので,封建領主層の利益を代表した。)というような法令(measures)で賃金を処理する(扱う)こともできたし,発生しかけた信用力を虐殺によって処理することもできた(注:殺してしまえば請求されることはないので、債務は消えて失くなるということ?)。しかし,産業主義の発達したところでは,信用のほうが名目的な土地の所有権などよりもより強力になった。土地所有者は,賢明に(抜け目なく)あるいは無分別に,借金する。そして,そうすることによって銀行に依存するようになる。これはありふれたことであり,通例,生産技術の変化の結果だと考えられている。けれども、事実,農業技術が近代的でないインドにおいて起こったことからもわかるように,それは全く法律を施行する国家の権力と決意の結果に等しくなる。法が全能でない所では,金の貸主は時折借手(債務者)によって時々殺害されることがあり,借手(債務者)は同時に負債の証拠になるような書類を(殺害と同時に)全て焼きすててしまう。諸侯から小百姓に至るまで,土地と結びつきのある者は誰でも,およそ進んで金を貸す人間が初めて出て来てから以降,常習的に借金をしてきた。しかし,借手が破産するまで利子を払い続けなければならないのは,法が尊重され強制されている場合に限られる。そのような破産がおこった場合には,土地財産に由来する経済的権力は借手から貸主へと移る。そうして,現代社会においては,貸手は通常は銀行である

Chapter VIII: Economic Power, n.10

Although economic power, in so far as it is regulated by law, ultimately depends upon ownership of land, it is not the nominal landowners who have the greatest share of it in a modern community. In feudal times, the men who owned the land had the power ; they could deal with wages by such measures as the Statute of Labourers, and with the nascent power of credit by pogroms. But where industrialism has developed, credit has become stronger than nominal ownership of land. Landowners borrow, wisely or unwisely, and in doing so become dependent upon the banks. This is a commonplace, and usually regarded as entirely a consequence of changes in the technique of production. In fact, however, as may be seen from its having happened in India, where agricultural technique is not modern, it is quite as much a result of the power and determination of the State to enforce the law. Where Law is not all-powerful, money-lenders are, at intervals, murdered by their debtors, who at the same time burn all documents giving evidence of indebtedness. Everybody connected with the land, from prince to peasant, has been addicted to borrowing ever since there first were willing lenders ; but it is only where Law is respected and enforced that the borrower has to go on paying interest until he is ruined. Where that happens, the economic power derived from landed property passes from the borrower to the lender. And in a mod
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です