ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.8


 しばらくの間,民主主義国における金権政治の権力について考えてみよう。(民主主義国における)金権政治の権力は,カリフォルニアやオーストラリアにおいて,アジア人労働(者)を導入することが,ごく初めのうちに少数の者を除いて,できなかった。労働組合主義を打ち壊すことは(も)できなかった。(また)金権政治の権力は,特に大英帝国においては,金持の重税を回避することは(も)できなかった。また,社会主義的宣伝を防止することもできなかった。これに反して(Per contra),金権政治の権力は,社会主義者たちで構成される政府が社会主義を取り入れることを防ぐことができ,もしも社会主義者たちが強情な場合には,危機を企てたり宣伝をしたりして,彼らの没落をもたらすことが(も)できる。もし,これらの手段では失敗するということであれば,内乱をまきおこして社会主義の確立を防ぐことができるだろう。即ち,問題(の論点)が単純で世論がはっきりしている場合は,金権政治は無力である。しかし,世論が定まっていない場合(わかれている場合)には,あるいは,問題が複雑であるために世論が当惑している場合には,金権政治は思いどおりの政治的な結果を確保することができる。

Chapter VIII: Economic Power, n.8

Let us consider, for a moment, the power of the plutocracy in a democratic country. It has been unable to introduce Asiatic labour in California or Australia, except in early days in small numbers. It has been unable to destroy trade unionism. It has been unable, especially in Great Britain, to avoid heavy taxation of the rich. And it has been unable to prevent socialist propaganda. Per contra, it can prevent governments composed of Socialists from introducing Socialism, and if they are obstinate it can bring about their downfall by engineering a crisis and by propaganda. If these means were to fail, it could stir up a civil war to prevent the establishment of Socialism. That is to say, where the issue is simple and public opinion is definite, the plutocracy is powerless ; but where public opinion is undecided, or baffled by the complexity of the issue, the plutocracy can secure a desired political result.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です