ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.6


 個人の場合において(も),国家によって作られた諸規則が国法(the Law 定冠詞付きの大文字)の該当部分を構成している。法のこの部分も,他のあらゆる部分と同じように,世論によって支持されて初めて有効となる。世論は,モーゼの十戒の中の第八戒(汝盗むなかれ)に従って,窃盗を非難し,「窃盗」を法律によって有罪とされるやりかたで(他人の)財産を奪うことだと定義している。このようにして,個人の経済力(経済的権力)は,究極的には,世論,つまり,窃盗に対する(世論の)道徳的非難に依存している。そうして,それには,窃盗を法律によって定義することを認める感情が伴っているのである。 このような感情が弱いか(希薄か)あるいは全く無い場合には,財産は危険にさらされる。たとえば,スターリンは共産主義の利益のために天職(vocation 職業)を行う道徳的な山賊として自分の生涯のスタートを切った。我々は,第八戒の道徳的義務から人々を解放する教皇権(法王の権力)が如何にして13世紀イタリアの銀行家を彼(教皇)がコントロールすることを可能にしたか(これまで)見てきた

Chapter VIII: Economic Power, n.6

In the case of private persons, the rules made by the State constitute the relevant part of the Law. This part of the Law, like every other, is only effective when it is supported by public opinion. Public opinion, in accordance with the eighth commandment, reprobates theft, and defines “theft” as taking property in a manner condemned by the law. Thus the economic power of private persons rests ultimately on opinion, namely on the moral condemnation of theft, together with the sentiment which allows theft to be defined by the law. Where this sentiment is weak or non-existent, property is endangered; Stalin, for instance, began his career as a virtuous bandit practising his vocation in the interests of communism. We have seen how the power of the Pope to release men from the moral obligation of the eighth commandment enabled him to control the Italian bankers in the thirteenth century.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です