ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.4


 経済力(経済的権力)と政治との結びつきは,ある程度まで,相互的なものである。即ち,一群の人々が,結合することによって,軍事力を獲得するかも知れず。そうして,軍事力を獲得すると,経済力(経済的権力)を獲得するかも知れない(可能性がある)。最終的に経済力(経済的権力)を獲得するということが,事実,彼らが結びついた当初の動機であったかも知れない。

 たとえば,1849年のカリフォルニアやその数年後の(オーストラリアの)ヴィクトリア(州)における状況のような,ゴールドラッシュの時に広く行われた準無政府状態を考えてみるとよい。自分自身の所有権に基づいて合法的に獲得した金(きん)を所有する人も,その金(きん)を銀行に預けるまでは(預けないうちは),経済力をもっているとは言えなかった。金を預けるまで,盗まれたり殺されたりしがちであった。完全な無政府状態においては -万人の万人に対する闘争(注:トマス・ホッブスの言葉)も含めて- その人があらゆる襲撃者から,リボルバー銃(連発銃)で自分の身を守れるほどの敏捷さと確実さをもっている者を除いて,金(きん)は無益(無用の長物)であろう。そういう者にとってさえ,金(きん)はじっと眺めて楽しむだけのもの(注:a pleasant object to contemplate)に過ぎなかった。というのは,何も払わずに殺すぞと脅かすだけで自分の必要を充たすことができたからである。そのような状態は,どうしても,きわめてわずかな人が食物を採集している場合を除いて,必然的に不安定であるだろう。農業は(も),土地侵入(自分の地所への無断侵入)及び収穫物の盗難を防止する手段がなくては不可能である。

 ゴールド・ラッシュの時の人々のように,多少とも文明化された人々から成る無政府的な社会は,間もなく自警団のような何らかの統治機関を発達させるであろう。精力的な人々は略奪されないようにふせぐために結合するであろう。もし,干渉すべき外的権威がなければ,これらの人々も略奪するかもしれないが(可能性はあるが),彼らは(手心を加えて)ほどほどにやるであろう。というのは,(金の卵だけを略奪するつもりでも)金の卵を生むガチョウ(まで)も殺すことを恐れるからである。たとえば,彼らは,一人の人の稼ぎの1%を受け取って,その代りに身辺保護を売りものにするかも知れない。これが所得税と呼ばれるものである(注:国は国民から税金をとる代償に国民の命を守る)。

 保護の与えかたを決定する規則ができるやいなや,軍事力の支配は法の支配に偽装され(法の支配は実際は軍事力の支配の偽装),無政府状態は終焉する。しかし,法(律)及び経済関係の究極的な基礎は,やはり,自警団の軍事力である

Chapter VIII: Economic Power, n.4

The connection of economic power with government is to some extent reciprocal; that is to say, a group of men may, by combination, acquire military power, and, having acquired it, may possess economic power. The ultimate acquisition of economic power may, in fact, be their original motive in combining. Consider, for example, the semi-anarchic conditions prevailing in a gold-rush such as that in California in 1849, Or in Victoria a few years later. A man who possessed gold which he had acquired legally on his own holding could not be said to possess economic power until he had lodged his gold in a bank. Until then, he was liable to be robbed and murdered. In a state of complete anarchy, involving a war of all against all, gold would be useless except to a man so quick and sure with his revolver as to be able to defend himself against every assailant; and even to him, it could only be a pleasant object to contemplate, since he could satisfy his needs by the threat of murder, without having to make any payment. Such a state of affairs would necessarily be unstable, except possibly in a very sparse food-gathering population. Agriculture is impossible unless there are means of preventing trespass and the theft of crops. It is obvious that an anarchic community composed of more or less civilized individuals, like the men in a gold rush, will soon evolve a government of some kind, such as a committee of Vigilantes. Energetic men will combine to prevent others from plundering them ; if there is no outside authority to interfere, they may also plunder others, but they will do so with moderation, for fear of killing the goose that lays the golden eggs. They may, for example, sell protection in return for a percentage of a man’s earnings. This is called income tax. As soon as there are rules determining the giving of protection, the reign of military force is disguised as the reign of law, and anarchy has ceased to exist. But the ultimate basis of law and of economic relations is still the military power of the Vigilantes.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です