ラッセル『権力-その歴史と心理』第7章 革命的な権力 n.21


 共産主義(者)の理論の国際的な部分は,効果のないことが判明した。しかし,(共産主義理論による)自由主義の廃棄は驚くほど成功した。ライン河から太平洋(に至る)まで,自由主義の主要な理論は全ていたるところで廃棄されている。まずイタリア(注:ムッソリーニ)が,次にドイツ(注:ヒトラー)が,ボルシェビーキ(注:ロシア共産主義)の政治技術を採用した。依然として民主主義的であり続ける国々においてさえ,自由主義の信念はその熱情を失った。たとえば,自由主義は,公共の建造物が放火犯によって(燃やされて)破壊された場合には,警察と法廷が真犯人を見つけだすべきだという考えを抱いている。しかし,現代的な精神の持ち主は,(ローマ皇帝)ネロのように,でっちあげた証拠によって,誰であれその人が個人的に嫌っている人間や党派のせいにしたほうがよい(注:should be attribute to),という考えを抱いている。言論の自由のような問題については,現代的な精神の持ち主は,聖アムブロウズ(注:Ambrosius, 340年? – 397年、アンブロジウス)のように,自分自身の党派には自由があるべきであるが,自分たち以外の党派には自由はないほうがよい,という考えを抱いている

 そのような理論(教説)の結果は(もたらすものは),まず,全ての権力を革命的な権力へと,次に,避けがたい漸次的変化によって,むきだしの権力へと,変容させる運命にある(注:is to transform)。このような危険は,(1938年現在)さし迫っている。しかし,この危険を回避する方法についてはここでは述べずに,後の方でふれることにしたい。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.21

IV. The Russian Revolution.(continued.)

The international part of Communist doctrine has proved ineffective, but the rejection of Liberalism has had an extraordinary success. From the Rhine to the Pacific Ocean, all its chief doctrines are rejected almost everywhere; Italy first, and then Germany, adopted the political technique of the Bolsheviks ; even in the countries that remain democratic, the Liberal faith has lost its fervour. Liberals hold, for example, that when public buildings are destroyed by incendiaries, an attempt should be made by the police and the law-courts to discover the actual culprits; but the modern-minded man holds, like Nero, that the guilt should be attributed, by means of manufactured evidence, to whatever party he personally dislikes. As regards such matters as free speech, he holds, like St. Ambrose, that there sould be freedom for his own party, but not for any other.

The result of such doctrines is to transform all power, first, into revolutionary power, and then, by inevitable gradations, into naked power. This danger is imminent; but as to the means of
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER07_210.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です