ラッセル『権力-その歴史と心理』第7章 革命的な権力 n.11


(二)宗教改革
 権力という観点から見ると,宗教改革には,我々に関係している二つの面がある(二つの面が我々に関係ある)。一つ(一方)は,宗教改革の神学上の無政府主義が教会を弱体化したという面であり,もう一つ(一方)は,この教会の弱体化が(は)国家を強化したという面である。宗教改革は,それまで地上のいかなる世俗的な政府よりも強力なことを繰り返し身をもって証明してきた一つの強大な国際組織(注:キリスト教組織/教皇体制)を,部分的に崩壊させたものとして,主として重要であった。ルーテルは,カトリック教会とカトリックの過激派と対抗して勝利するために,俗界の諸侯に頼らざるを得なかった。(*注を参照) ルーテル派教会は,ヒットラーの時代になるまで,決して,カトリック教を奉じない政府に対し不忠実な態度を示したことはなかった。農民(小作人)たちの反乱は,ルーテルに,諸侯に服するように説教させるもう一つ別の理由を与えた。独立した一つの権力としてのカトリック教会は,ルーテル派の国々(諸国)においては,事実上,存在しなくなり,世俗政府への服従を説く機構の一部となった

(*注) トーネイ『資本主義の勃興と宗教』の中で,次のように述べている。「農民戦争(注:1524年に起こったドイツ農民戦争のこと)は,福音書に対するその感動的な訴えとその恐るべき破局とから,ルーテルを恐れさせ,次のように,激情を爆発させただけではなかった。「誰もが,秘密裏にあるいは公然と,人を殴ったり,打ち倒したり,絞め殺したり,突き殺したりできる。・・・。今日は驚くべき時代だ。今日では,君主(諸侯)のほうが,祈祷する君主以外の人間よりも,流血をもって,ずっと天(神)の評価に値する。」農民戦争は,また,ルーテル主義に,世俗の権威者(権力者)に対するほとんど盲信とも言えるものを刻みつける助けとなった。」 トーネイは,その2,3ページ後に,もう一つルーテルの言葉を引用している。「この世が血を流すことなく統治できると、誰も考える必要はない(考えてはならない)。俗人の武器(注:civil sword 別の意味あり?)は必ずや赤く血生臭く染まるであろうし,染まらなければならない。」これに対するトーネイの説明は次の通りである。「このようにして,斧(注:斬首の象徴)が杭(くい)(注:異端者火刑の象徴)にとって代わり,権威(権力)は,祭壇(注:教会の聖餐台)から駆逐されて,王座の上に新しい,(祭壇よりも)ずっと安全な棲み家を見出す(のである)。キリスト教道徳の維持(という役割)は,信頼を失った教会の権威から国家の手に移されなければならない。マキアヴェリとヘンリー八世の時代は,(旧約聖書に出てくる)一角獣(ユニコーン)や火蛇の実在に懐疑的であったが,世にも稀な怪物,即ち,神が恐れる君主(諸侯)に対する崇拝に軽信の糧を見出したのであった。」 そういったある種の軽信性(簡単にものを信じこむ気持)は,革命期の特徴である。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.11

II. The Reformation.

From the point of view of power, the Reformation has two aspects that concern us: on the one hand, its theological anarchism weakened the Church; on the other hand, by weakening the Church it strengthened the State. The Reformation was chiefly important as the partial destruction of a great international organization, which had repeatedly proved itself stronger than any secular government. Luther, in order to succeed against the Church and the extremists, was obliged to rely upon the support of secular princes*; the Lutheran Church never, until the time of Hitler, showed any disloyalty to governments that were not Catholic. The peasants’ revolt gave Luther another reason for preaching submission to princes. The Church, as an independent power, practically ceased to exist in Lutheran countries, and became part of the machinery for preaching submission to the secular government.

*”The Peasants’ War,” says Tawney in Religion and the Rise of Capitalism, “with its touching appeal to the Gospel and its frightful catastrophe, not only terrified Luther into his outburst: ‘Whoso (= whosoever) can, strike, smite, strangle, or stab, secretly or publicly … such wonderful times are these that a prince can better merit Heaven with bloodshed than another with prayer’; it also helped to stamp on Lutheranism an almost servile reliance on the secular authorities.” A few pages later, he quotes another saying of Luther’s.. “No one need think that the world can be ruled without blood. The civil sword shall and must be red and bloody.” Tawney’s comment is as follows: “Thus the axe takes the place of the stake, and authority, expelled from the altar, finds a new and securer home upon the throne. The maintenance of Christian morality is to be transferred from the discredited ecclesiastical authorities to the hands of the State. Sceptical as to the existence of unicorns and salamanders, the age of Machiavelli and Henry VIII found food for its credulity in the worship of that rare monster, the God-fearing Prince.” Some such credulity is characteristic of revolutionary epochs.)
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER07_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です