ラッセル『権力-その歴史と心理』第7章 革命的な権力 n.10


 このような難点は,その起源を革命に負っているあらゆる権威(や権力)に内在している。そのような権威(や権力)は,(自らの存在のために当然)最初の革命は正当化されると主張しなければならず,また(and 同時に/しかも),論理的には,それ以後におこる革命を全て邪悪であるに決まっていると主張することはできない(*注:そうでなければ,最初の革命も正しいとは断言できなくなる)。キリスト教における無政府主義の火焔は,深く隠されていたけれども,中世全体を通じて,生き続けた。宗教改革(の時)に,突如として,大きく燃えあがり広がっていった(のである)。

(*注)革命後の革命(反革命)を邪悪なものだとして否定する試みは,時折,奇妙な結果をもたらした。今日(注:本書が出された1938年当時)のロシアの青年はツァー時代(ロシア帝国時代)の革命運動を礼讃する話からは注意深く隔離されている(そういった話を耳にしないように細心の注意が払われている)。『ある老ボルシェヴィキの手紙』(George Allen and Unwin 版)には,一部学生たちによるスターリン暗殺計画について述べた後,続けて次のように書かれている。「被告の学生から,糸をたぐっていくと,政治学及び政党史(専門)の教授たちへと行き着いた。ロシア革命運動の講義中に,今日,政府に関する批判的態度の育成に資する箇所(ページ)を見つけ出すのは容易であり,また,若い性急な学生は,公式に確立されたものとして見なすように学校で教えられた事実を引用して,現在に関する自分の結論の支えにすることを常に好む。アグラーノフのやるべきことの全ては,彼の考えで(被告学生の)同士の共犯者とみなさるぺき教授たちを選びだすことだけであった。このようにして,「十六名の裁判に」第一回の被告団が加えられたのであった。)

Chapter VII: Revolutionary Power, n.10

This difficulty is inherent in every authority that owes its origin to revolution. It must maintain that the original revolution was justified, and it cannot, logically, contend that all subsequent revolutions must be wicked*. The anarchic fire in Christianity remained alive, though deeply buried, throughout the Middle Ages; at the Reformation, it suddenly shot up into a great conflagration.

(* Note: The attempt to do so sometimes has strange results. The young in Russia at the present day are carefully sheltered from laudatory accounts of the revolutionary movement in Tsarist days. The Letter of an Old Bolshevik (George Allen a Unwin, Ltd.), after telling of a supposed plot by some students to murder Stalin, continues.. “From the accused students, threads were drawn to professors of political science and party history. It is easy to find pages in any lectures on the history of the Russian revolutionary movement highly conducive nowadays to the cultivation of critical attitudes in respect to the Government, and young hotheads always like to buttress their conclusions concerning the present by citing facts which they have been taught in school to regard as officially established. All Agranov had to do was to pick the professors who, in his opinion, were to be regarded as fellow conspirators. This was how the first batch of defendants in the trial of the sixteen was recruited.”
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER07_100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です