ラッセル『権力-その歴史と心理』第7章 革命的な権力 n.9


 成功する(成功にいたる)革命(大変革/大改革)は,全て権威(や権力)を揺るがし,社会の団結を(革命以前よりも)より困難なものにする。この場合,カトリック教会に権力を与えた宗教改革(大変革)に関しても,(事情は)同様であった。宗教改革(大変革)は,国家を非常に弱体化させただけでなく,その後に続いて起こった諸改革(大改革)の模範を示した(set the pattern for)。さらに,個人主義は -それはキリスト教初期の時代のキリスト教の教えの重要な一要素であったが- 依然として,神学上及び世俗上双方の反抗の危険な源であり続けた。個人の良心は -個人の良心が教会の裁断を受けいれることができない場合には- 教会の裁断に従うことを拒否するために,福音書に助けを求めることができた(注:キリスト教の無教会派など)。異端は教会にとって悩みの種だったかも知れないが,それ自体は(as such),原始キリスト教の精神に反するものではなかった。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.9

Every successful revolution shakes authority and makes social cohesion more difficult. So it was with the revolution that gave power to the Church. Not only did it greatly weaken the State, but it set the pattern for subsequent revolutions. Moreover the individualism, which had been an important element of Christian teaching in its early days, remained as a dangerous source of both theological and secular rebellion. The individual conscience, when it could not accept the verdict of the Church, was able to find support in the Gospels for a refusal to submit. Heresy might be annoying to the Church, but was not, as such, contrary to the spirit of primitive Christianity.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER07_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です