ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.23


 トラシマコスの説(注:「力は正義」理論)は,一般に受けいれられる場合,社会の秩序の存在(秩序を保つこと)を全て政府が自由に使える直接的かつ物理的な力(注:軍事力や警察力)に依存させる。それは,従って,軍事的専制政治を避けがたいものとする。それ以外の政治形態(統治形態)が安定を得ることができるのは,既存の権力の配分(状態)に対し敬意を吹き込み(生じさせる)何らかの信念が広く流布している場合のみである。この点において成功した信念は,通例,知的な批判に堪えないようなものであった。権力は,多くの時代において,一般の同意のもと,王家,貴族、金持,女性と対立するものとしての男性,有色人種(他の肌の色を持った人々)と対立するものとしての白人(白色人種)に限られてきた。しかし,被支配者の間に知性が広まった結果,彼ら被支配者はそのような制限を拒否するようになり,権力の保持者はむきだしのカに屈するかあるいは依存するか,どちらかを強いられてきた。もし,秩序ある統治が一般的な同意を命じるならば(秩序ある政治には一般の同意が必要不可欠であるとしたら),人類の大多数の人々に,トラマシコスの理論以外の何らかの理論に同意するように説得する何らかの方法を発見しなければならない(のである)。

Chapter VI: Naked Power, n.23

The doctrine of Thrasymachus, where it is generally accepted, makes the existence of an orderly community entirely dependent upon the direct physical force at the disposal of the government. It thus makes a military tyranny inevitable. Other forms of government can only be stable where there is some wide-spread belief which inspires respect for the existing distribution of power. Beliefs which have been successful in this respect have usually been such as cannot stand against intellectual criticism. Power has at various times been limited, with general consent, to royal families, to aristocrats, to rich men, to men as opposed to women, and to white men as opposed to those with other pigmentations. But the spread of intelligence among subjects has caused them to reject such limitations, and the holders of power have been obliged either to yield or to rely upon naked force. If orderly government is to command general consent, some way must be found of persuading a majority of mankind to agree upon some doctrine other than that of Thrasymachus.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_230.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です