ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.15


 アガソクレスは戦いにおいては工夫に富み勇敢であったが,無謀であった。(あたかも,カルタゴ人が完全に勝利を占めるに違いないと思われる瞬間がやってきた。(即ち)カルタゴ人はシラクサを包囲しつつあり,彼らの海軍はシラクサの港を占領した。
 しかし,アガソクレスは大軍を率いてアフリカにまで航海して渡り,その地で(乗ってきた)船を焼き,それらの船がカルタゴ人の手に陥ることを防いだ。彼は自分がシラクサに不在の時に反乱のおこることを恐れて,子供たち人質とした。そうして,しばらくすると,シラクサで彼の代理をつとめていた弟は800人の政敵を流刑(追放)に処したが,カルタゴ人たちはこれらの人々の味方をした。アフリカにおいて,彼は,最初のうち,驚くほどうまくやった。彼はチュニスを占領し,カルタゴを包囲した。
 カルタゴ政府は驚きあわてて,モロク神(Moloch / Molech 「モレク」とも言う)をなだめ始めた。(すると)カルタゴの貴族たちで,自分たちの子供をモロク神のいけにえに供すべきであった人々が,貧乏人の子供を身代わりに買う(人身売買の)習慣があることがわかった。その行為はただちに厳しく禁ぜられた。モロク神は貴族の子供のいけにえを(貧乏人の子供よりも)より喜ぶと知られていたからである。この改革以後,カルタゴ人の運は回復し始めた(のであった)。

In war, Agathocles was resourceful and brave, but rash. There came a moment when it seemed as if the Carthaginians must be completely victorious; they were besieging Syracuse, and their navy occupied the harbour. But Agathocles, with a large army, sailed to Africa, where he burnt his ships to prevent them from falling into the hands of the Carthaginians. For fear of revolt in his absence, he took children as hostages; and after a time his brother, who was representing him in Syracuse, exiled eight thousand political opponents, whom the Carthaginians befriended. In Africa he was at first amazingly successful ; he captured Tunis; and besieged Carthage, where the government became alarmed, and set to work to propitiate Moloch. It was found that aristocrats whose children ought to have been sacrificed to the god had been in the habit of purchasing poor children as substitutes; the practice was now sternly repressed, since Moloch was known to be more gratified by the sacrifice of aristocratic children. After this reform the fortunes of the Carthaginians began to mend.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_150.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です