ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.14


 アガソクレス派の人々は,昼間は男たちの殺戮で日を過ごし,夕方になると女たちに目を転じた。

 二日間にわたる大虐殺の後,アガソクレスは捕虜たち(prisoners)を(目の前に)連れ出し,友人のディノクラテスを除き,他の全ての者を殺害した。その後,彼は議会を召集し,寡頭政治家たちを告発し,シラクサ(の都)から君主政治に与する(くみする)者は全て一掃し,(そうして)自分は個人的な生活(私的な平穏な生活)をしたいと言った。そうして,彼は,(王の)制服を脱ぎ捨て,平服を身にまとった。しかし,アガソクレスのリーダーシップの下で略奪を行った者(たち)は,彼が権力を持つことを望み,投票の結果,彼は総司令官に選ばれた。「貧しい人や借金のある者たちは,この革命を大いに喜んだ。」 というのは,アガソクレスは,貧しい人たち対しては借金の帳消し(免除)及び土地の分配を約束したからである。その後しばらくは,彼は穏やかであった。

Those of Agathocles’s party spent the day-time slaughtering the men, and at nightfall turned their attention to the women.

After two days’ massacre, Agathocles brought forth the prisoners and killed all but his friend Dinocrates. He then called the assembly, accused the oligarchs, and said he would purge the city of all friends of monarchy, and himself would live a private life. So he stripped off his uniform and dressed in mufti. But those who had robbed under his leadership wanted him in power, and he was voted sole general. “Many of the poorer sort, of those that were in debt, were much pleased with this revolution,” for Agathocles promised remission of debts and sharing out of lands to the poor. Then he was mild for a time.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_140.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です