ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.13


 この当時のシラクサの政治(体制)は,民主政治と寡頭政治(少数独裁政治)の混じり合ったものであったように思われる。シラクサには600人の金持ちから構成される議会があった。アガソクレスは,これらの寡頭政治の支配者たちに対抗して,貧しい者たちの主張(cause)を支持した。彼は(600名から選出された)40名と会議をしている途中で,兵士らを奮起させこれら40名を皆殺しをし,(言い訳として)彼らは自分に対抗する計画を立てていたと述べた。それから彼は,軍隊を率いてシラクサ(の都)に入り,兵士たちに(議会構成員)600人全員を強奪するようにと告げた。(即ち)兵士たちは命令通り強奪行為を行い,また(しかも),何が起こっているのか見ようと自宅から出てきた市民たちを虐殺した。終には,多数の人が略奪のため(だけの理由で)殺害された。ディオドルスが述べているように,「否,神々の庇護を求めて神殿に逃げた人々さえまったく安全ではなく,神々に対する信心は人々の残忍な行為によって押しつぶされ,打ち負かされてしまった。自国においてはギリシア人対ギリシア人とが争い,平和な時に血縁者同時が争い,自然の綻も,同盟も,神々に対する尊崇も,何ら顧みるところなく,このように,あえて大胆にもこういった事柄(誤り)が実行された(犯された)のであった。そのために(On which account)味方の人々だけでなく,敵方の者たちさえも,また穏健な人々は皆,これらの痛ましい人々のみじめな状況について憐れまざるを得なかった。」

Chapter VI: Naked Power, n.13

The government of Syracuse at this time seems to have been a mixture of democracy and oligarchy. There was a council of six hundred, consisting of the richest men. Agathocles espoused the cause of the poor against these oligarchs. In the course of a conference with forty of them, he roused the soldiers and had all the forty murdered, saying there was a plot against him. He then led the army into the city, telling them to plunder all the six hundred ; they did so, and massacred citizens who came out of their houses to see what was happening; in the end, large numbers were murdered for booty. As Diodorus says: “Nay, there was no safety even to them that fled to the temples under the shelter of the gods; but piety towards the gods was crushed and borne down by the cruelty of men: and these things Greeks against Greeks in their own country, and kindred against kindred in a time of peace, without any regard either to the laws of nature, or leagues, or reverence to the gods, dared thus audaciously to commit: upon which account not only friends, but even enemies themselves, and every sober man, could not but pity the miserable condition of these distressed people.”
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です