ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.12


 アガソクレス(注:シチリアの王)は卑しい生れで,陶工(焼物職人)の息子であった。 (原注:以下の叙述は,ディオドルス・シクルスに依拠している(典拠としている)。現代の権威者のなかには,アガソクレスは偏見を抱いていたという者がおり,また,アガソクレスは賞賛すべき統治者だったという者もいる。しかし,(アガソクレスに関する)主要な事実についてシクルスは正しくなかった(間違っていた)と信じることは困難である。)  彼は美貌のおかげで,デマスという裕福なシラクサ人の寵愛の対象となり,デマスは全財産を遺した。また,彼はデマスの未亡人と結婚した。彼は戦闘で著名になり,専制政治に野心を懐いていると思われた。そのために追放され,流刑地に向かう途中で殺害せよとの命令が発せられた。しかし,彼はそれを予見し,ある貧乏な男と衣類を交換し,雇われた刺客は誤ってこの男を殺害した。彼はその後シチリアの奥地(内陸部)で挙兵した。それはシラクサ人をとても恐怖させ,彼らは彼と和平を結んだ。彼は再び迎えられ(readmitted 再び認められ),彼は自分はシラクサの民主制を侵害するようなことは一切しないということをセレスの神殿で誓った。(注:”prejudice” はここでは法律用語の「侵害」

Chapter VI: Naked Power, n.12

Agathocles was a man of humble origin, the son of a potter. (Note: What follows rests on the authority of Diodorus Siculus. Some modern authorities say that he was biased, and that Agathocles was an admirable ruler. But it is difficult to believe that Diodorus is not correct as to the main facts.) Owing to his beauty he became the favourite of a rich Syracusan named Demas, who left him all his money, and whose widow he married. Having distinguished himself in war, he was thought to be aspiring to the tyranny; he was accordingly exiled, and orders were given that he should be murdered on his journey. But he, having foreseen this, changed clothes with a poor man, who was murdered in error by the hired assassins. He then raised an army in the interior of Sicily, which so terrified the Syracusans that they made a treaty with him: he was readmitted, and swore in the temple of Ceres that he would do nothing to the prejudice of the democracy.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です