ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.2


 軍事的征服によって授けられた権力は,多かれ少なかれ時を経るに従って,単なる軍事的な(性格をもった)権力であることをやめる(~でなくなる)ことがよくある。ユダヤ(注:パレスチナ南部の古代ローマ領)を除いて,ローマ人の征服したすべての領土は,間もなく,ローマ帝国の忠実な臣民となり,独立したいという欲求をまったく感じなくなった。アジアとアフリカにおいては,マホメット教徒によって征服されたキリスト教諸国は,ほとんど抵抗することなく,新しい支配者に服従した。ウェールズは,イングランドの支配に次第に黙従するようになったが,アイルランドでは黙従しなかった。アルピ派の異教徒たち(Albigensian heretics )は軍事力によって征服された後,彼らの子孫は,内的(心的)にも外的(物理的)にもカトリック教会の権威に服従した。ノルマン人によるイングランド征服は,イングランドに(一つの)王家を生みだしたが,後に,王位に対する神権を持っていると考えられた(考えられるようになった)。軍事的征服は征服の後に心理的征服を伴って初めて安定を得るが,これが起こった事例は非常に多い。
(注:みすず書房版の東宮訳は「軍事的征服はその後に心理的征服を伴って初めて安定をえるものだが、しかし,実際のケースは実に種々さまざまである」と “but the cases in which this has occurred are very numerous”を誤訳している。)

Chapter 6: Naked Power, n.2

The power conferred by military conquest often ceases, after a longer or shorter period of time, to be merely military. All the provinces conquered by the Romans, except Judea, soon became loyal subjects of the Empire, and ceased to feel any desire for independence. In Asia and Africa the Christian countries conquered by the Mohammedans submitted with little reluctance to their new rulers. Wales gradually acquiesced in English rule, though Ireland did not. After the Albigensian heretics had been overcome by military force, their descendants submitted inwardly as well as outwardly to the authority of the Church. The Norman Conquest produced, in England, a royal family which, after a time, was thought to possess a Divine Right to the throne. Military conquest is stable only when it is followed by psychological conquest, but the cases in which this has occurred are very numerous.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です