ラッセル『権力-その歴史と心理』第5章 王権 n.11


 伝統的権力は,外部から破壊されない場合は,ほとんど常に,一定の展開を通り抜ける(生き残る)。伝統的権力は,自らが人の心に吹きこんだ敬意によって勇気づけられ,一般に是認されるかどうかについては無頓着になり,一般の是認を失うことはありえないと信じている。(伝統的権力の)怠惰,愚行,残忍性によって,伝統的権力は,自らが主張する神聖な権威を次第に人に懐疑的にさせるように強いる。こうした神聖な権威であるという主張の根拠としては,習慣以上のものはないので,ひとたび批判が起これば,そのような主張は容易に片づけられてしまう。叛逆者に役立つ何らか新しい信条が,古い信条にとって代わる。あるいは,時には,ハイチがフランス人から自由を勝ち得た時のように,単に混沌状態がその後に続く。一般的に言って,はなはだしい失政が長く続いたというような状態が,精神的叛逆が拡大する以前に必要である。そうして,多くの場合,反逆者たちは,古い権威の一部または全部を自分に移転させること(自分のものにすること)に成功する。(たとえば)そのようにして(ローマ帝国の初代皇帝)アウグストゥスは,元老院の伝統的な威厳を吸収同化した。またプロテスタントは,聖書に対する敬意は保持し続ける一方,カトリック教会に対する敬意を払うことを拒否した。英国議会は,次第に王の権力を自分のものにしていったが,君主制に対する尊敬を損なわなかった(のである)。

Traditional power, when not destroyed from without, runs, almost always, through a certain development. Emboldened by the respect which it inspires, it becomes careless as regards the general approval, which it believes that it cannot ever lose. By sloth, folly, or cruelty it gradually forces men to become sceptical of its claims to divine authority. Since these claims have no better source than habit, criticism, once aroused, easily disposes of them. Some new creed, useful to the rebels, takes the place of the old one; or sometimes, as in the case of Haiti when it won freedom from the French, mere chaos succeeds. As a rule, a long period of very flagrant misgovernment is necessary before mental rebellion becomes widespread; and in many cases the rebels succeed in transferring to themselves part or the whole of the old authority. So Augustus absorbed into himself the traditional dignity of the Senate; Protestants retained the reverence for the Bible, while rejecting reverence for the Catholic Church; the British Parliament gradually acquired the power of the king, without destroying the respect for monarchy.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER05_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です