ラッセル『権力-その歴史と心理』第5章 王権 n.9


 商業は,王(君主)が封建的無政府状態に対抗するのを支援(支持)したけれども,自分たちが十分強力だと感した時には,常に共和主義的であり続けてきた(注:共和制は,独裁的かつ世襲的な君主を認めない政体)。それは,古代においてそうであり,中世の北イタリア及びハンザ同盟の諸都市においても,また,最もさかんな頃のオランダにおいても,そうであった。従って 王(君主)と商業との同盟は不安定な同盟であった。王(君主)は「神権(王権神授説)」に訴え,できるかぎり,自分の権力を,伝統的なものや準宗教的なものにしよう(注:王権は神から授けられたということにしよう)と努めた。この点では王(君主)は部分的に成功した。チャールズ一世(注:イングランド王)の処刑は,不敬と感ぜられたのであって,単に(殺人という)普通の犯罪に過ぎないと考えられたのではなかった。フランスでは,聖ルイ(注:サン=ルイ。ルイ九世のこと。高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価された。)は伝説的な人物へと格上げされ,彼の信仰心の幾分が(王が身にまとう)外套としてルイ十五世までも伝わり,ルイ十五世は今までどおり「最大のキリスト教信者の王(君主)」であった。王(君主)は,新しく宮廷貴族階級を創り上げたので,ブルジョアジーよりは宮廷貴族階級の方を好んだ。イングランドでは高位の貴族階級とブルジョアジーが結びついて,単に議会での肩書だけをもった王(君主)を就任させたので,王(君主)は昔の威厳のある魔術的な属性をまったく持っていなかった。たとえば,ジョージ一世は,(昔)アン女王にはできたところの,瘰癧(注: king’s evil るいれき。リンパ腺の病気のことで,昔,王に触れられると治ると考えられた)を治すカをもっていなかった。(また)フランスでは,王(君主)は貴族を味方に引き入れ,そうして,王(君主)の首も貴族の首も,ともにギロチン台の下に転げ落ちた(断頭台で断首された)。

Chapter V: Kingly Power, n.9

Commerce, though it supported kings against feudal anarchy, has always been republican when it has felt sufficiently strong. It was so in antiquity, in the North Italian and Hanseatic cities of the Middle Ages, and in Holland during its greatest days. The alliance between kings and commerce was therefore an uneasy one. Kings appealed to “divine right,” and sought, as far as possible, to make their power traditional and quasi-religious. In this they were partially successful: the execution of Charles I was felt to be an impiety, not merely an ordinary crime. In France, St. Louis was erected into a legendary figure, some of whose piety descended as a cloak even to Louis XV, who was still “the most Christian King.” Having created a new Court aristocracy, kings tended to prefer it to the bourgeoisie. In England, the higher aristocracy and the bourgeoisie combined, and installed a king with a merely parliamentary title, who had none of the old magic properties of majesty: George I, for instance, could not cure the king’s evil, though Queen Anne could. In France, the king won over the aristocracy, and his and their heads fell together under the guillotine.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER05_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です