ラッセル『権力-その歴史と心理』第5章 王権 n.7


Japanese vs. European Feudalism

 蛮族の侵入によって,君主制が再び導入(採用)されたが,そこには(幾分の)相違が伴っていた。新しい王(たち)はゲルマン民族(Germanic tribes ゲルマン系部族)の族長であり,その権力も絶対的なものではなく,ある種の長老会議あるいは同族団体(血縁団体)の協力に依存していた。ゲルマン系のある部族がローマ人の属州(注: Roman province 古代ローマの本国以外の領土のこと)を征服すると,その族長は王になったが,彼の最重要の仲間(たち)は一定の独立を持った貴族になった。そのような訳で,封建制度が生じ,それは,西欧のすべての君主を乱暴な直臣(Barons)の言いなりにさせたのである。

 その結果,君主制は,カトリック教会と封建貴族を打ち負かすまで,弱体のままであった教会の弱体化の原因については我々は既に考察した。貴族階級は,イングランド(注:スコットランドなどを除いた英国)とフランスでは王との争いに敗れたが,それは貴族階級が秩序ある政治(統治)の障害だったからである。ドイツにおいては,貴族階級の指導者(たち)が(多数の)小ぶりの王となっていったので,その結果,ドイツはフランスの言いなり(なすがまま)であった。ポーランドでは,貴族的無政府状態がポーランド分割(注:ポーランドは,18世紀末にロシア,プロイセン,オーストリア三国に分割され,ポーランド王国は消滅した。)まで続いた。イングランドとフランスにおいては,百年戦争と薔薇戦争の終ったのち,一般市民は,強い王を頼りにするほかなかった。エドワード四世は,ロンドン市(シティ・オブ・ロンドン)の助けをかりて勝利し,このシティ・オブ・ロンドンから女王さえも選んだ。ルイ十一世は封建貴族階級の敵であったが,有力なブルジョアの味方であり,上層のブルジョアたちは貴族と対抗す王を助ける一方,王は職工たちと対抗する彼らを助けた。「ルイ十一世はまるで大資本家のように統治した」というのが「大英百科辞典の公式の裁断である。

Chapter V: Kingly Power, n.7

The Barbarian invasion reintroduced monarchy, but with a difference. The new kings were the chiefs of Germanic tribes, and their power was not absolute, but depended always upon the co-operation of some Council of Elders or kindred body. When a Germanic tribe conquered a Roman province, its chief became king, but his most important companions became nobles with a certain measure of independence. Hence arose the feudal system, which left all the monarchs of Western Europe at the mercy of turbulent Barons.

Monarchy consequently remained weak until it had got the better of both the Church and the feudal nobility. The causes of the weakening of the Church we have already considered. The nobility was worsted in the struggle with the king, in England and France, because it was an obstacle to orderly government. In Germany its leaders developed into petty kings, with the result that Germany was at the mercy of France. In Poland, aristocratic anarchy continued until the partition. In England and France, after the Hundred Years War and the Wars of the Roses, ordinary citizens were compelled to put their faith in a strong king. Edward IV became victorious by the help of the City of London, from which he even chose his queen. Louis XI, the enemy of the feudal aristocracy, was the friend of the higher bourgeoisie, who helped him against the nobles while he helped them against the artisans. “He ruled like a great capitalist,” is the official verdict of the Encyclopedia Britannica.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER05_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です