ラッセル『権力-その歴史と心理』第5章 王権 n.1


 王の起源は,聖職者(僧侶)の起源と同様,先史時代(有史以前)からのものであり,王権発達の初期の段階は,最も遅れた未開人たちの間に今なお残っているものから推測するほかはない。王制(王権という制度)が十分発達を遂げると,-ただし王制が傾き始めていない時-,王とは,戦時に自分の部族や国民を導く人間であり,戦争の開始時期及び戦争終結時期(和平締結時期)を決める人間である。(また)王は,常にではないが,しばしば,法を定め,司法行政(the administration of justeice)をコントロールする人間である。王位請求権は,通常,多少とも世襲のものである。さらに,王は,彼自身,ではないにしても,少なくとも聖人である。たとえ彼自身が神でなくても,少なくとも,神権を授けられた王である。

Chapter V: Kingly Power, n.1

The Origin of kings, like that of priests, is prehistoric, and the early stages in the evolution of kingship can only be conjectured from what still exists among the most backward savages. When the institution is fully developed, but has not yet begun to decline, the king is a man who leads his tribe or nation in war, who decides when to make war and when to make peace; often, though not always, he makes the laws and controls the administration of justice. His title to the throne is usually in a greater or less degree hereditary. He is, moreover, a sacred person : if not himself a god, he is at least the Lord’s anointed.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER05_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です