ラッセル『権力-その歴史と心理』第4章 聖職者の権力 n.30


Japan’s Prime Minister Shinzo Abe, center, and his cabinet ministers, escorted by a Shinto priest, arrive at the Grand Shrine of Ise, central Japan, for offering a new year’s prayer Monday, Jan. 5, 2015. Japanese Prime Minister Abe said Monday that his government would express remorse for World War II on the 70th anniversary of its end in August. (AP Photo/Kyodo News) JAPAN OUT, MANDATORY CREDIT

 神学的な権力は,世俗的な権力がそうであるほど,戦争の敗北の影響を受けることはずっと少ない。(注:みすず書房版の東宮訳では,「神学的権力に影響を及ぼすものは,敗戦などよりも,やはり世俗的な権力である。」と,ひどい誤訳/東宮氏の意味にしたければ less affected by * than by というように than の後に by を付け加える必要がある。/即ち,ここでは「神学的な権力が戦争の影響を受けることは,世俗的な権力が戦争の敗北の影響を受けることに比べて,ずっと少ない」という意味)。 第一次大戦後,ロシアとトルコは,政治上の革命とともに神学上の革命を経験した。しかし,両国ともに伝統的宗教は,非常に親密に国家と結びついていた。戦争に敗れたにもかかわらず,神学として生き残った最も重要な例は,五世紀におけるカトリック教会の蛮族に対する勝利である。アウグスティヌス(Aurelius Augustinus,354-430:古代キリスト教の神学者,哲学者)は,ローマ略奪に深く心を動かされて書いた『神の国』(注:the City of God /ラテン語で De Civitate Dei contra Paganos 異教に対する神の国)のなかで,世俗的な権力(temporal power)は,真の信者に約束されたものではなく,従って,正統主義を信じる結果として期待されるものではない,と説明している。ローマ帝国内に生き残った異教徒たちは,ローマが征服されたのは異教の神々を棄てた罰だと論じたが,しかしこの論争のもっともらしさにもかかわらず,そういった議論はいかなる一般の支持も勝ち得ることができなかった。侵略者たちの間には,(かえって)征服された(ローマの)優れた文明が流行し,勝者たちはキリスト教信仰を採用した。このようにして,カトリック教会という仲介を通して,ローマの影響は蛮族たちの間に生き残り,彼らのうち誰一人として,ヒットラーの出現まで,古代文化の伝統を絶ちきることができたものはなかった

Chapter IV: Priestly Power, n.30

Theological power is much less affected by defeat in war than secular power. It is true that Russia and Turkey, after the Great War, suffered a theological as well as a political revolution, but in both countries the traditional religion was very intimately connected with the State. The most important instance of theological survival in spite of defeat in war is the victory of the Church over the Barbarians in the fifth century. St. Augustine, in the City of God, which was inspired by the sack of Rome, explained that temporal power was not what was promised to the true believer, and was therefore not to be expected as the result of orthodoxy. The surviving pagans within the Empire argued that Rome was vanquished as a punishment for abandoning the gods, but in spite of the plausibility of this contention it failed to win any general support; among the invaders, the superior civilization of the vanquished prevailed, and the victors adopted the Christian faith. Thus through the medium of the Church the influence of Rome survived among the Barbarians, of whom none before Hitler succeeded in shaking off the tradition of ancient culture.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_300.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です