ラッセル『権力-その歴史と心理』第4章 聖職者(僧侶)の権力 n.9


 歴史上知られているあらゆる聖職者(僧侶)の組織のなかで,最も強力かつ重要なものは,カトリック教会である(であった)。私が本章で扱おうとしている(関心を持っている)聖職者(僧侶)の権力は,(それが)伝統的なものである限りのものだけである。従って,カトリック教会の権力が革命的なものであった初期の頃のことは,今のところ,考察しない(ことにする)。ローマ帝国の滅亡の後,カトリック教会は,2つの伝統を代表する幸運をもった。即ち,キリスト教の伝統に加えて,さらにローマ(帝国)の伝統も体現化した(自らに取り入れた)のである。(ローマ帝国外の)蛮族には武力があった。,しかし,(カトリック)教会には,蛮族よりも高度な文明と教育,首尾一貫した非個人的な目的,宗教的希望と迷信的恐怖に訴えかける手段,とりわけ,西欧全体にひろがる唯一つの組織(という強み)を持っていた。ギリシア正教会は,コンスタンチノープルやモスクワの比較的安定した帝国(注:東ローマ帝国とロシア帝国)を相手にしなければならず,完全に国家に従属したものとなってしまった。しかし,西方(西ヨーロッパ)においては,その戦い(教会と国家との闘い)は,盛衰を伴って(with varying fortunes),宗教改革(の時代)まで続き,そうして,今日まで,その闘いは,ドイツとメキシコとスペインにおいては,終わっていない。

The most powerful and important of all priestly organizations known to history has been the Catholic Church. I am concerned in this chapter with the power of priests only in so far as it is traditional; I will not, therefore, at present, consider the early period when the power of the Church was revolutionary. After the fall of the Roman Empire, the Church had the good fortune to represent two traditions : in addition to that of Christianity, it also embodied that of Rome. The Barbarians had the power of the sword, but the Church had a higher level of civilization and education, a consistent impersonal purpose, the means of appealing to religious hopes and superstitious fears, and, above all, the sole organization that extended throughout Western Europe. The Greek Church, which had to deal with the comparatively stable empires of Constantinople and Moscow, became completely subordinate to the State; but in the West the struggle continued, with varying fortunes, until the Reformation, and to this day is not ended in Germany and Mexico and Spain.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です