ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.12


 世襲の権力は英国の(いわゆる)「紳士」という観念を生んだ(生じさせた)。この紳士という観念は長い歴史をもった概念のいくらか退化した形態であり,それは(その歴史)は,族長の魔術的な属性から王の神性を経て騎士道や名門貴族(blue-blooded aristocrat)にまで至っている。賞賛される資質は,権力が世襲の場合には,閑暇(暇)や疑問にふされることのない卓越性から出てくるような資質である。権力が君主的なものというよりむしろ貴族的なものである場合,最高の礼儀作法には,自分より劣った者(身分の低い者)に対する穏やかな自己主張に加えて,同等の者(同等の身分の者)に対する慇懃な態度(宮廷式の振る舞い)が含まれる。しかし,広く行われている礼儀作法(マナー)がどんなものであれ,人がその礼儀作法によって判断されるのは,ただ権力が世襲である場合だけである(あるいは,最近はそうであった)。モリエール(作)の「町人貴族(bourgeois gentilhomme)」が笑うことができるものとなるのは,彼(その町人貴族)が社交上の上品な態度(social niceties)を学ぶ以外にはすることをまったくもっていない男女の社会(社交界)に闖入した時のみである。「紳士」についての称賛方法として(現在)生き残っているものは,相続される富(財)に依存しており,もし政治的権力だけでなく経済的権力も同様に,父から子へ渡されることがなくなれば,そういったものは急速に消滅するに違いない。

Chapter III: The Forms of Power, n.12

Hereditary power has given rise to our notion of a “gentleman.” This is a somewhat degenerate form of a conception which has a long history, from magic properties of chiefs, through the divinity of kings, to knightly chivalry and the blue-blooded aristocrat. The qualities which are admired, where power is hereditary, are such as result from leisure and unquestioned superiority. Where power is aristocratic rather than monarchical, the best manners include courteous behaviour towards equals as an addition to bland self-assertion in dealing with inferiors. But whatever the prevalent conception of manners may be, it is only where power is (or lately was) hereditary that men will be judged by their manners. The bourgeois gentilhomme is only laughable when he intrudes into a society of men and women who have never had anything better to do than study social niceties. What survives in the way of admiration of the “gentleman” depends upon inherited wealth, and must rapidly disappear if economic as well as political power ceases to pass from father to son.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です