ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.7


 伝統や同意に基礎を置いていない権力を,私は「むき出しの(裸の)」権力と呼ぼう。「むき出しの」権力の特徴は,伝統的な権力の特徴とはとても異なっている。そうして,伝統的な権力が依然として残っているところでは,政体の性格は,殆んど無制限なほど,その政体(体制)の与える安心・安全(security)あるいは不安・危険(insecurity)の感情に依存している。

 むきだしの権力は,通常,軍事的なものであり,国内の暴政の形をとるか,外国征服の形をとるか,いずれかであろう。むきだしの権力の重要性は,特に後者(外国征服)の形をとった場合,非常に大きなものであり,現代の多数の「科学的」歴史家が進んで認める以上の重要性を持っている,と私は考える。

 アレクサンダー大王ジュリアス・シーザーは,彼らの戦闘によって,歴史の進路( course 進行)を全体的に変えたもしアレクサンダー大王が存在しなかったとしたら(注: But for the former),福音書もギリシア語で書かれることはなかったであろうし,キリスト教もローマ帝国全域で説かれることもなかったであろう。またもし,シーザーが存在していなかったならば,フランス人も,ラテン語に由来する言語(注:フランス語)をしゃべることはなかったであろうし,カトリック教会もほとんど存在しなかったであろう。白人のアメリカン・インディアンに対する軍事的優位は,剣の力(武力)の実例であることはもっと否定できないものである。(もっと否定できない実例である)。

 武カによる征服は,他のいかなる単一の力(注:any other single agency)によるよりも,文明の普及に関係を持ってきた。にもかかわらず,軍事力は,大部分の場合,何らかの他の権力形態 - たとえば,富とか技術的知識とか狂信主義とかー に基礎をおいている。とはいえ,常にそうであると,私は言おうとしている(示唆しようとしている)わけではない。たとえば,スペイン王位継承戦争において,モールバラ将軍の天才(才能)は,あのような結果に到達するためには必須であった。しかし,これは一般的な規則の例外と見なすべきものである。

Chapter III: The Forms of Power, n.7

Power not based on tradition or assent I call “naked” power. Its characteristics differ greatly from those of traditional power. And where traditional power persists, the character of the regime depends, to an almost unlimited extent, upon its feeling of security or insecurity.

Naked power is usually military, and may take the form either of internal tyranny or of foreign conquest. Its importance, especially in the latter form, is very great indeed — greater, I think, than many modern “scientific” historians are willing to admit. Alexander the Great and Julius Caesar altered the whole course of history by their battles. But for the former, the Gospels would not have been written in Greek, and Christianity could not have been preached
throughout the Roman Empire. But for the latter, the French would not speak a language derived from Latin, and the Catholic Church could scarcely have existed. The military superiority of the white man to the American Indian is an even more undeniable example of the power of the sword. Conquest by force of arms has had more to do with the spread of civilization than any other single agency. Nevertheless, military power is, in most cases, based upon some other form of power, such as wealth, or technical knowledge, or fanaticism. I do not suggest that this is always the case; for example, in the War of the Spanish Succession Marlborough’s genius was essential to the result. But this is to be regarded as an exception to the general rule.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です