ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.5


 法の力はこうした(権力の)複雑さを例証するだろう。法の最高権力(究極的な力)は,国家の強制力である。直接の物理的な強制力は(若干の制限はあるが)国家の特権であるというのは文明社会の特徴であり,法とは,国家が自国民を扱うにあたって,この特権を行使する際の一揃いの規則である。しかし,法が罰(刑罰)を用いるのは,望ましくない行為を物理的に不可能にするためだけでなく,(ある方向に)誘導する物としても罰を用いるたとえば,罰金は行為を不可能にはせずに,ただ,その行為をあまり魅力のないものにするだけである。
【注:どういうわけか,みすず書房版の東宮訳では,この一文「a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. 」は訳出されていない。】
 さらに,これはもっとずっと重要なことであるが,法は,一般民衆の感情によって支持されていない場合には,ほとんど無力である。それは,禁酒法施行下のアメリカ合衆国や,1880年代のアイルランド月光党員がアイルランド住民の大多数の共感を得た時の例を見れば,わかるであろう。【注:つまり,米国では,禁酒法に賛成する国民が少なかったので守られなかった。また,地主に苦しめられていた貧しいアイルランドの小作農が秘密の団体をつくり,夜,月光のもと,地主に襲いかかった事件にも共感が集まった。】
 それゆえ,法が有効な力となるかどうかは,警察権力よりも,世論や(民衆の)感情によりいっそう依存するのである。法に賛成する感情の度合いは,社会の最も重要な特徴の一つである

Chapter III: The Forms of Power, n.5

The power of the Law will illustrate these complexities. The ultimate power of the Law is the coercive power of the State. It is the characteristic of civilized communities that direct physical coercion is (with some limitations) the prerogative of the State, and the Law is a set of rules according to which the State exercises this prerogative in dealing with its own citizens. But the Law uses punishment, not only for the purpose of making undesired actions physically impossible, but also as an inducement; a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. Moreover –and this is a much more important matter– the Law is almost powerless when it is not supported by public sentiment, as might be seen in the United States during prohibition, or in Ireland in the ’80’s, when moonlighters had the sympathy of a majority of the population. Law, therefore, as an effective force, depends upon opinion and sentiment even more than upon the powers of the police. The degree of feeling in favour of Law is one of the most important characteristics of a community.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です