ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.22


 雄弁家が成功するためには直観的心理学(intuitive psychology)が大いに必要である一方,ブルノー・ムッソリーニ型の飛行家は(飛行家ならば),焼け死ぬことは不愉快だということを理解する以上の心理学を持ち合せなくても,十分満足を得ることができる。雄弁家は古いタイプであり,機械(装置)に基礎をおいている権力をもつ人間は現代的なタイプである。(しかし)そうは(後者は新しいタイプだと)言い切れない(Not wholly)。たとえば,第一次カルタゴ戦争の終りに,どのようにカルタゴの象を,暴動を起こした外国人傭兵を踏み殺すのに使ったか書かれたものを読んでみよう(読んでみよ)。そこで用いられている心理学は -科学としての心理学ではないが- ちょうどブル-ノ・ムッソリーニの心理学と同じである。(注:ディオドルス・シタルス『著作集 第25巻:断章』)参照/フローベル『サラムボー』参照)。とはいえ(しかし)比較して言えば,機械力はいかなる(以前の)時代よりも我々の時代の特徴をあらわすものである。

Chapter II: Leaders and followers, n.22

While the orator needs much intuitive psychology for his success, the aviator of Bruno Mussolini’s type can get his pleasure with no more psychology than is involved in knowing that it is unpleasant to burn to death. The orator is an ancient type; the man whose power is based on mechanism is modern. Not wholly: read, for example, how Carthaginian elephants were used, at the end of the first Punic War, to trample mutinous mercenaries to death, where the psychology, though not the science, is the same as Bruno Mussolini’s. (note: Diodorus Siculus, Bk. XXV (fragment). See Flaubert’s Salammbo.) But speaking comparatively, mechanical power is more characteristic of our age than of any previous time.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_220.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です