ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.18


 臆病な者の間で,組織化(組織の形成)が促進されるのは,指導者への服従だけからではなく,同じように感じる群衆の中の一人であることで感じられる安心(感)によってである。その(開催)目的に共感を持っている公的な集会においては,暖かさ(warmth 興奮)と安心が結びついた一種の精神的高揚感が存在している。つまり,共有されている情緒はしだいに強度を増していき,終にはこの情緒が他のすべての感情を押しだし(crowds out 締め出し),自我(ego)の増殖(注:群衆においては個々人の自我が倍加)によって生れてくる権力の高揚感だけが残る。集団的な興奮は甘美な陶酔であり,そのなかにおいては,正気さも,人間性も,自己保存さえも容易に忘れさられ,残酷な虐殺も英雄的な殉教も,等しく可能となる。この種の陶酔は,他の(種類の)陶酔と同様に,一度その喜びを経験した者にとっては抵抗することが困難であるが,それは,結局は,無関心と倦怠へと導き,また,もし以前の熱情が再び再生されれば,さらにより強い刺激の必要性へと導くのである(注:より強い刺激が必要となる)。

Chapter II: Leaders and followers, n.18

Among the timid, organization is promoted, not only by submission to a leader, but by the reassurance which is felt in being one of a crowd who all feel alike. In an enthusiastic public meeting with whose purpose one is in sympathy, there is a sense of exaltation, combined with warmth and safety: the emotion which is shared grows more and more intense until it crowds out all other feelings except an exultant sense of power produced by the multiplication of the ego. Collective excitement is a delicious intoxication, in which sanity, humanity, and even self-preservation are easily forgotten, and in which atrocious massacres and heroic martyrdom are equally possible. This kind of intoxication, like others, is hard to resist when its delights have once been experienced, but leads in the end to apathy and weariness, and to the need for a stronger and stronger stimulus if the former fervour is to be reproduced.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_180.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です