ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.16


 これまで,私は,命令する者(支配者)と従う者(追従者)について述べてきたが,第3のタイプ,即ち,引き下がる者(脱落者)が存在する。(世のなかには,)服従を拒否する勇気をもっているが,命令したいと望む傲慢さを持っていない者がいる(服従を拒否する勇気はもっているが,命令したいと望む傲慢さを持ち合わせていない者がいる)。そういう人は,そんなに簡単に社会機構に【自分を)合わせようとせずに(fit into はめ込む),どうにかして,多少とも孤独な自由を享受できる隠れ家を探し求める(ものである)。 時々,こういった気性の人が,大いに歴史的な重要性を持ってきた。初期のキリスト教徒やアメリカの開拓者は,この部類の(人間タイプの)二つの種類のものを代表している。隠れ家は,時には精神的なものであり,時には肉体的なものである。(また)時には,隠者の住み家(hermitage)のような完全な孤独を,時には,修道院のような社会的な孤独(注:一般社会から分離された孤独)を必要とする。精神的な(精神上の)の隠遁者の中には,存在がはっきりしない宗派に入っている者や,無邪気な流行に心を奪われている者や,深遠かつ重要ではない博学(博識)の諸形態に没頭している者(など)がある。肉体的な隠遁者の中には,文明の開拓地(フロンティア)を探し求めようとする者とか,「アマゾン(河畔)の博物学者」と呼ばれたベイツみたいに,インディアン以外とはつきあうことなく,15年間幸福に暮らした探険家たちもいる。多少の隠者的な気分は,卓越しているもの(優秀であるもの)の多くの形態において,必須の要素である。なぜならそれがあってこそ初めて(大衆の)人気を得たいという誘惑に抵抗することができ,(世間)一般の無関心や敵意にも関わらず重要な仕事を追求できるのであり,世間に蔓延している誤謬に対抗する意見を持つに至ることができるからである。

Chapter II: Leaders and followers, n.16

I have spoken hitherto of those who command and those who obey, but there is a third type, namely, those who withdraw. There are men who have the courage to refuse submission without having the imperiousness that causes the wish to command. Such men do not fit readily into the social structure and in one way or another they seek a refuge where they can enjoy a more or less solitary freedom. At times, men with this temperament have been of great historical importance ; the early Christians and the American pioneers represent two species of the genus. Sometimes the refuge is mental; sometimes physical; sometimes it demands the complete solitude of a hermitage; sometimes the social solitude of a monastery. Among mental refugees are those who belong to obscure sects, those whose interests are absorbed by innocent fads, and those who occupy themselves with recondite and unimportant forms of erudition. Among physical refugees are men who seek the frontier of civilization, and such explorers as Bates, the “naturalist on the Amazon,” Who lived happily for fifteen years without other society than the Indians. Something of the hermit’s temper is an essential element in many forms of excellence, since it enables men to resist the lure of popularity, to pursue important work in spite of general indifference or hostility, and to arrive at opinions which are opposed to prevalent errors.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_160.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です