ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.15


 論議による統治(政治)を可能にするための連帯感(団結意識)は,フッガー家や,ロスチャイルド家など家族の場合や,クエーカー(キリスト友会)のような小規模の宗教団体や,蛮族(未開民族)や,戦時下や戦争勃発の危機にある国家においては,大きな困難もなく生み出すことができる。しかし(そうした場合にも,)外側からの圧力はほとんど欠くべからざるものである。(たとえば)一人ひとり(分離して)絞殺されるのが怖くて一緒に絞殺される集団の成員たち(など)。共通の危機は,同質性を生み出すまさに最も容易な方法である。けれども,これは,全体としての世界における権力の問題に解決を与えるものではまったくない。我々は,いろいろな危機 -たとえば,戦争 -を防ぎたいと思う。現在のところ,それ(戦争の危機)は国民の結合をもたらしている。しかし,我々は,社会的協力を破壊したいとは思わない(注:戦争の危機が原因の国民の結合はよくない,というニュアンスか?)。この問題は,政治的にも,心理的にも,同様に難しい問題であり,もし類推による判断をしてよければ,その解決は,-仮に解決法があるとしても-,まずどこかの一国家が手始めに独裁制をとることによって実現されそうである。諸国家間の(強制のない)自由な協力は,-諸国家は,拒否権の自由(liberum veto)に慣れているので-,ちょうど領土分割前のポーランドの貴族階級の間におけると同様に困難である。(あの場合のように)この場合も(in this case as in that),常識(に従う)よりもむしろ国家(諸国民国家)の絶滅のほうがましだと思われそうである。人間には政府(統治機構)が必要であるが,無政府状態が蔓延してきた地域においては,人々はまず独裁制に対してのみ従うであろう。従って,我々は,まず,たとえ専制的であったとしても,とにかく統治(機構)を確保しようとしなければならない。そして統治が常態化して初めてそれをうまく民主的なものにしてゆくことが期待できるのである。「絶対的権力は,組織を構築する上で役に立つ。もっとゆっくりであるが等しく確かなものは,権力を関係者全員の利益に使うように要求する社会的圧力の発達である。このような圧力は,教会史や政治史にはいつも附きものだが,経済界にもすでに現われてきている。」(注:バーリーおよびミーンズ共著『現代法人と私有財産』(Berie and Means, The Modern Corporation and Privates Property)p.353参照。著者は産業法人のこし」を指している。)

Chapter II: Leaders and followers, n.15

A sense of solidarity sufficient to make government by discussion possible can be generated without much difficulty in a family, such as the Fuggers or Rothschilds, in a small religious body such as the quakers, in a barbarous tribe, or in a nation at war or in danger of war. But outside pressure is all but indispensable : the members of a group hang together for fear of hanging separately. A common peril is much the easiest way of producing homogeneity. This, however, affords no solution of the problem of power in the world as a whole. We wish to prevent the perils– e.g. war –which at present cause cohesion, but we do not wish to destroy social co-operation. This problem is difficult psychologically as well as politically, and if we may judge by analogy, it is likely to be solved, if at all, by an initial despotism of some one nation. Free co-operation among nations, accustomed as they are to the liberum veto, is as difficult as among the Polish aristocracy before the partition. Extinction, in this case as in that, is likely to be thought preferable to common sense. Mankind need government, but in regions where anarchy has prevailed they will, at first, submit only to despotism. We must therefore seek first to secure government, even though despotic, and only when government has become habitual can we hope successfully to make it democratic. “Absolute power is useful in building the organization. More slow, but equally sure, is the development of social pressure demanding that the power shall be used for the benefit of all concerned. This pressure, constant in ecclesiastical and political history, is already making its appearance in the economic field.” (note: Berle and Means, The Modern Corporation and Private Property, p. 353. They are speaking of industrial corporations.)
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_150.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です