ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.14


 無政府状態の後,その自然な最初の第一歩(第一段階)は独裁制(専制政治)である。なぜなら,(無政府状態の後では)独裁制は,支配と服従の本能的なメカニズムによって促進されるからである。このことは,家族や国家やビジネス(実業)において例証されてきた。対等な立場で協力することは,独裁制よりもはるかに難しく,本能と一致するところはずっと少ない。人々が対等な立場で協力しようとする場合,各人が完全な支配を求めて(雌雄を決しようと)争うことは自然なことである。そこでは服従衝動は出てこない(brought into play )からである。関係者全てが,彼らの外部にある何らかのものに共通の忠誠を認めることがほぼ必須となる(のである)。中国においては,家業(family business)は,家族に対する儒教的忠誠によって成功することが多い。しかし,非個人的な合資会社(共同出資企業)はうまくいかない(機能しない)ことが証明されがちである。なぜなら,誰も他の共同出資者(株主)に対して誠実であるためのやむにやまれないいかなる動機もないからである。審議による統治を行なっているところには,法律に対する敬意,あるいは国家に対する敬意,あるいははすべての関係者が重んじている何らかの原理原則に対する世間一般の敬意(general respect)がなければならない。フレンド教会(注:The Society of Friends キリスト友会。よくクェーカーと呼ばれる。)は,何か疑わしいことを決めなければならない時には,決をとってはならず,しかも多数に従う。(即ち)彼らは「召集されたグループにおける一般的な合意(the sense of the meeting)」に達するまで議論をする。その一般的な合意は,聖霊に促されて出て来ると見なされるのが普通である。フレンド友会の場合は,稀にみるほど同質的な社会に関わっている。しかし,ある程度の同質性がないと,論議による統治は機能しない(のである)。

Chapter II: Leaders and followers, n.14

After anarchy, the natural first step is despotism, because this is facilitated by the instinctive mechanisms of domination and submission; this has been illustrated in the family, in the State, and in business. Equal co-operation is much more difficult than despotism, and much less in line with instinct. When men attempt equal co-operation, it is natural for each to strive for complete mastery, since the submissive impulses are not brought into play. It is almost necessary that all the parties concerned should acknowledge a common loyalty to something outside all of them. In China, family businesses often succeed because of Confucian loyalty to the family ; but impersonal joint-stock companies are apt to prove unworkable, because no one has any compelling motive for honesty towards the other shareholders. Where there is government by deliberation, there must, for success, be a general respect for the law, or for the nation, or for some principle which all parties respect. The Society of Friends, when any doubtful matter has to be decided, do not take a vote and abide by the majority: they discuss until they arrive at “the sense of the meeting,” which used to be regarded as prompted by the Holy Spirit. In their case we are concerned with an unusually homogeneous community, but without some degree of homogeneity government by discussion is unworkable.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_140.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です