ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.12


 前述したように,普通の穏やかな市民が指導者に従う時は,大部分,恐怖心によって導かれる。しかし,これは海賊団のようなものにはあてはまらない。より穏やかな職業が彼らにまったく開かれていないということがない限り,そうである。(注:海賊の仕事ができるなら,彼らはそちらを選ぶ。) 指導者の権威(権力)が確立するやいなや,指導者は反抗的な人々に恐怖心を吹き込むかもしれない。しかし,彼が指導者になるまでは(なる前は),また,多数の人々が彼を指導者と認めるまでは,彼は恐怖心を吹き込むような地位にはない(のである)。指導者の地位を得るためには,彼は権威(権力)を授けてくれるような(いろいろな)資質(特質)に優れていなければならない。即ち,自信とか敏速な決断とか適切な措置の決定における技能・技術とかいった資質に優れていなければならない。リーダーシップというものは相対的なものである。シーザーはアントニーを従わせることができたが,他の誰もできなかった。大部分の人は,政治は難しいものだと感じ,指導者に従ったほうがましだと感ずる。彼らは,本能的に,また無意識に,そう感ずる。犬がご主人様(飼い主)に感ずるのと同じである。もしこうしたことがなかったなら,集団的な政治活動はほとんど不可能であろう。

Chapter II: Leaders and followers, n.12

The ordinary quiet citizen, we said, is led largely by fear when he submits to a leader. But this can hardly be true of a gang of pirates, unless no more peaceable profession was open to them. When once the leader’s authority is established, he may inspire fear in mutinous individuals ; but until he is a leader, and is recognized as such by the majority, he is not in a position to inspire fear. To acquire the position of leader, he must excel in the qualities that confer authority : self-confidence, quick decision, and skill in deciding upon the right measures. Leadership is relative : Caesar could make Antony obey him, but no one else could. Most people feel that politics is difficult, and that they had better follow a leader– they feel this instinctively and unconsciously, as dogs do with their masters. If this were not the case, collective political action would scarcely be possible.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です