ラッセル『結婚論』第二十一章 結論 n.14(完)


 私が説きたいと思う原理は,放縦の原理(licence 好き勝手にすればよいという原理)ではない。この原理は,因習的な原理とほとんど同じくらいの量の 自制を必要とする。しかし,自制は,自分自身の自由を抑制するよりも,(む しろ)他人の自由への干渉を控えることに適用されるだろう。最初から正しい 教育を施すなら,このように他人の人格や自由を尊重することは比較的容易になると期待してよいだろう,と私は考える。しかし,我々のうちで,美徳の名 において(名の下に)他人の行為を禁止(拒否)する権利がある(a right to place a veto upon),と信じるように育てられた人びとにとって(は),こ の愉快な迫害の形式を行使するのを差し控えることは,疑いもなく困難である 。(それどころか)不可能かもしれない。しかし,最初から,それほど拘束 的でない道徳を教えられた人びとにとっても,それが不可能であると推測してはならない。

 良い結婚の精髄は,(夫婦の)お互いの人格に対する尊敬が存在し,それに肉 体的にも,知的にも,精神的にも深い親密さが結びついていることである。それは,男女間のまじめな愛情を,人間のあらゆる経験のうちで最も実り豊かなものにしてくれる(のである)。そのような愛は,およそ偉大で貴重なものが そうであるように,それ自体の道徳を要求し,しばしば,大なるもののために 小なるものを犠牲にすることを必要とする。しかし,そういう犠牲は自発的なものでなければならない。なぜなら,自発的でない場合は,せっかく愛のために犠牲を払ったのにその愛の基礎そのものが破壊されてしまうからである。 (完)

The doctrine that I wish to preach is not one of licence ; it involves nearly as much self-control as is involved in the conventional doctrine. But self-control will be applied more to abstaining from interference with the freedom of others than to restraining one’s own freedom. It may, I think, be hoped that with the right education from the start this respect for the personality and freedom of others may
become comparatively easy ; but for those of us who have been brought up to believe that we have a right to place a veto upon the actions of others in the name of virtue, it is undoubtedly difficult to forgo the exercise of this agreeable form of persecution. It may even be impossible. But it is not to be inferred that it would be impossible to those who had been taught from the first a less restrictive
morality. The essence of a good marriage is respect for each other’s personality combined with that deep intimacy, physical, mental, and spiritual, which makes a serious love between man and woman the most fructifying of all human experiences. Such love, like everything that is great and precious, demands its own morality, and frequently entails a sacrifice of the less to the greater; but such sacrifice must be voluntary, for, where it is not, it will destroy the very basis of the love for the sake of which it is made.
(end of text)
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM21-140.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です