ラッセル『結婚論』第二十一章 結論 n.11


◆◆◆今年最後の投稿です。来年の最初の投稿は1月4日の予定です。◆◆◆
 
 第二十一章 結論 n.11:

 性道徳は,ある種の一般的な諸原理(原則)から導き出されなければならず,その原理から引き出される(その原理に由来する)結果については意見の大きな不一致があるとしても,その原理(そのもの)については,おそらく,かなり広範な意見の一致がなければならない

 第一に確保すべきこと(原理)は,(愛し合う)男女の間に,二人の全人格を包みこみ,お互いを豊かにし,高めることができる(両者の)融合(fusion)を生み出す,深くて真剣な愛情が可能な限り多く存在していなければならない,ということである。

 第二に重要なこと(原理)は,肉体的にも心理的にも,子供を十分に世話しなければならない,ということである。

 これらの原理のどちらも,それ自体としては,いかなる点においても,衝撃的なものとは考えられない。しかし,私が因習的な道徳律を一定の修正をすることを主張したいのは,この二つの原理の帰結としてなのである。

 大部分の男女は,もし幼年期に(いろいろな)タブーに(現状ほど)とりかこまれていなかったなら,心からの大らかな愛を結婚にもたらすことができたはずなのに,現状からすると(as things stand 現状では),それができない(のである)。彼らは,必要な経験を欠いているか,あるいは,こそこそした好ましくない方法でそれ得たかのいずれかである。さらに,嫉妬(心)は道徳家の認可を得ているので,彼らは,お互いを相互に牢獄に閉じこめ続けることは正当化されると感じている。夫婦が,どちらも不倫(不義)を働く気になれないほどに完全に愛しあっているのであるなら,もちろん,それはとても良いことである。しかし,もし(仮に)不倫が実際に起こったなら,それを何か恐ろしいことのように扱うのは,良いことではないし,また,(他の)異性とのつきあいを不可能にするところまで行くのも,望ましいことではない。

 良い生活(人生)は,恐怖(心)や禁止や自由に対する相互の干渉の上に築くことはできない。こういうものなしに貞節が達成されるのであるならば,それは良いことである。しかし,そういったものが全て必要だとしたら,あまりにも高すぎる代価を支払ったことになり,また,時々の過失を少しはお互いに許しあったほうがよい,ということがわかるだろう。(夫婦)相互に嫉妬(心)を抱くことは,たとえ肉体的な貞節が保たれていたとしても,いつまでも変わらぬ,深い愛情の強さを究極的に信頼している場合よりも,いっそう大きな結婚の不幸の原因をもたらすことが多いのは,まったく疑問の余地はない。

Chapter XXI: Conclusion, n.11

Sex morality has to be derived from certain general principles, as to which there is perhaps a fairly wide measure of agreement, in spite of the wide disagreement as to the consequences to be drawn from them. The first thing to be secured is that there should be as much as possible of that deep, serious love between man and woman which embraces the whole personality of both and leads to a fusion by which each is enriched and enhanced. The second thing of importance is that there should be adequate care of children, physical and psychological. Neither of these principles in itself can be considered in any way shocking, yet it is as a consequence of these two principles that I should advocate certain modifications of the conventional code. Most men and women, as things stand, are incapable of being as wholehearted and as generous in the love that they bring to marriage as they would be if their early years had been less hedged about with taboos. They either lack the necessary experience, or they have gained it in furtive and undesirable ways. Moreover, since jealousy has the sanction of moralists, they feel justified in keeping each other in a mutual prison. It is of course a very good thing when a husband and wife love each other so completely that neither is ever tempted to unfaithfulness; it is not, however, a good thing that unfaithfulness, if it does occur, should be treated as something terrible, nor is it desirable to go so far as to make all friendship with persons of the other sex impossible. A good life cannot be founded upon fear, prohibition, and mutual interference with freedom. Where faithfulness is achieved without these, it is good, but where all this is necessary it may well be that too high a price has been paid, and that a little mutual toleration of occasional lapses would be better. There can be no doubt that mutual jealousy, even where there is physical faithfulness, often causes more unhappiness in a marriage than would be caused if there were more confidence in the ultimate strength of a deep and permanent affection.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM21-110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です