ラッセル『結婚論』第十五章 家族と国家 n.9


第十五章 家族と国家 n.9:未来を予測できないことは幸福かも?

一方(これに対し),国際政府が確立されて,国家間の紛争が力(武力)ではなく法律で解決できるようになれば,状況は一変するだろう。そのような政府は,より気違いじみた形の国家主義は,いかなる国の教育カリキュラムに一切入れてはならない,と布告することができるだろう。また,国際的な超国家への忠誠心をあらゆる国において教え込むべきであり(should be culcated 徹底的に教える),国旗に対する現在の忠誠に代わる感情として,国際主義を植えつけるべきである,と主張することができるだろう。その場合には,過剰な画一性と,一風変わった人間に対する過剰で苛酷な迫害の危険性はまだ残るだろうが,戦争を助長する危険性は取り除かれるだろう。実際,超国家による教育のコントロール(統御)は,積極的な戦争防止策となるだろう。

 結論は,次のようになると思われる。即ち,もしも,国家が国際主義的な性格のものであるなら,国家が父親の肩代わりをすることは文明にとって利益であるが,国家が国家主義的で軍国主義的であるかぎりは,戦争が文明にあたえる危機が増大することになる,ということである。家族は,急速に衰退しっつあるが,国際主義の成長は遅々としている。それゆえ,(現在の)事態は,大いに憂慮されるものである。にもかかわらず,希望がないわけではない。将来は,国際主義が,これまでよりも急速に成長するかもしれない(成長する可能性がある)からである。我々が未来を予測することができないのは,ことによると(perhaps)幸運なことかもしれない。そうして(また),我々は,未来が現在よりもよくなることを(当然のものとして)期待する権利はないにせよ,希望する権利はあるのである

Chapter XV: The Family and the State, n.9

If, on the other hand, an international Government were established, capable of substituting law for force in disputes between nations, the situation would be entirely different. Such a Government could decree that nationalism in its more insane forms should be no part of the educational curriculum in any country. It could insist that loyalty to the international super-State should everywhere be taught, and that internationalism should be inculcated as a sentiment in place of the present devotion to the national flag. In that case, although the danger of too great uniformity and too severe a persecution of freaks would still exist, the danger of promoting war would be eliminated. Indeed, the control of the super-State over education would be a positive safeguard against war. The conclusion seems to be that the substitution of the State for the father would be a gain to civilization if the State were international, but that so long as the State is national and militaristic it represents an increase of the risk to civilization from war. The family is decaying fast, and internationalism is growing slowly. The situation, therefore, is one which justifies grave apprehensions. Nevertheless, it is not hopeless, since internationalism may grow more quickly in the future than it has done in the past. Fortunately, perhaps, we cannot foretell the future, and we have therefore the right to hope, if not to expect, that it may be an improvement upon the present.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です