ラッセル『結婚論』第十五章 家族と国家 n.8


第十五章 家族と国家 n.8:

国家が父親の肩代わりをすること(国家による父親の肩代わり)は,これまでに(yet)西欧で行われてきたかぎりでは,大体において(in the main),大きな進歩である。それは,社会の健康(保険)と教育の一般的水準を著しく向上させた。(またそれは,)子供への虐待を減らし,デイヴィイッド・コパーフィールドが受けたような苦痛を不可能にした。特に,家族制度がうまくいかない時にそこから生じる最悪の害悪を防ぐことで,肉体的健康と知的達成の一般的水準を引き続き高めていくものと期待される。

 けれども,国家が家族(家庭)の肩代わりをすることには,非常に由々しい危険がある(注:岩波文庫の安藤訳では,「父親の肩代わり」と訳されているが,ここでは father ではなく,family となっており,国家が母親の肩代わりをすることが含まれている)。親というもの(両親)は,一般的に言って,子供を愛しているので,子供を単なる政治的計画の素材とみなしたりしない。(また)このような態度を国家に期待することはできない。いろいろな機関(institutions 公共施設)で子供と実際に接触する個々人,たとえば,学校教師は,あまりにも労働が過重で給料が安いということがなければ,親の持っている個人的な感情をいくらか持ち続けることができるかもしれない。

しかし,教師には権力がない。権力は,行政官(administrators)に属している行政官は,子供の生活を管理するが,彼らが(実際に)子供たちを見ることは決してない。そして,行政官タイプであるから(なぜなら,そうでなければ,現在占めている地位を獲得しなかっただろうから),おそらく,人間というものをそれ自体を目的としてではなく,ある種の建造物の材料として,特に見がちである。そのうえ,行政官はきまって画一性が好きである。画一性は,統計や分類整理(pigeon-holing)に便利であるし,それがもし「正しい」種類の画一性であるなら,行政官が望ましいと考える種類の人間が多数存在することを意味する。

 公共施設(公共機関)の思うがままに委ねられた(手渡されたて)子供たちは,従って,だれも皆似たもの同士になりがちであり,他方,認められた型に順応できない少数の子供たちは,仲間たちばかりではなく,当局(公共施設の管理監督者)からもいじめられるだろう。このことは,最大の潜在的可能性を持っている子供たちの多くが,彼らの精神が壊れてしまうまで(やる気をくじかれてしまうまで),執拗に悩まされ(harried),苦しめられることを意味している。また,うまく順応できた大多数の者は,とても自分に自信を持ち,他人を迫害したり,いかなる新しい考えにも辛抱強く耳を傾けることができなくなったりなりがちであることを意味している。特に,世界が,いまだ軍国主義諸国家に分かれて競いあっているかぎり,公共団体が親に代わって教育にあたることは,いわゆる愛国心-即ち,政府がそうしたい気持ちになればいつでも,一瞬の躊躇もなく,進んで相互の殺戮に専念する意志を強化することを意味する

疑いもなく,いわゆる愛国心は,文明が現在さらされている最大の危機であり,愛国心の毒々しさを増大するものはどのようなものであっても,天災,疫病,飢饉よりも恐るべきものである。現在,若者たちの忠誠心は,一方では親に,他方では国家にというふうに,二分されている。もし,若者の忠誠心が国家にのみささげられるようなことになったとしたら,世界は現在よりもよりいっそう血に飢えたものになるだろうと恐れるべき重大な理由が。従って,国際主義の問題が未解決のままであるかぎりは,子供の教育と世話を国家が担う量が増えることには,その明白な利益を上まわる由々しい危険がある,と私は考えている。

Chapter XV: The Family and the State, n.9

The substitution of the State for the father, so far as it has yet gone in the West, is in the main a great advance. It has immensely improved the health of the community and the general level of education. It has diminished cruelty to children, and has made impossible such sufferings as those of David Copperfield. It may be expected to continue to raise the general level of physical health and intellectual attainment, especially by preventing the worst evils resulting from the family system where it goes wrong. There are, however, very grave dangers in the substitution of the State for the family. Parents, as a rule, are fond of their children, and do not regard them merely as material for political schemes. The State cannot be expected to have this attitude. The actual individuals who come in contact with children in institutions, for example school-teachers, may, if they are not too overworked and underpaid, retain something of the personal feeling that parents have. But teachers have little power; the power belongs to administrators. The administrators never see the children whose lives they control, and being of an administrative type (since otherwise they would not have obtained the posts they occupy), they are probably peculiarly apt to regard human being, not as ends in themselves, but as material for some kind of construction. Moreover, the administrator invariably likes uniformity. It is convenient for statistics and pigeon-holing, and if it is the “right” sort of uniformity it means the existence of a large number of human beings of the sort that he considers desirable. Children handed over to the mercy of institutions will therefore tend to be all alike, while the few who cannot conform to the recognized pattern will suffer persecution, not only from their fellows, but from the authorities. This means that many of those who have the greatest potentialities will be harried and tortured until their spirit is broken. It means that the vast majority, who succeed in conforming, will become very sure of themselves, very prone to persecution, and very incapable of listening patiently to any new idea. Above all, so long as the world remains divided into competing militaristic States, the substitution of public bodies for parents in education means an intensification of what is called patriotism, i.e. a willingness to indulge in mutual extermination without a moment’s hesitation, whenever the Governments feel so inclined. Undoubtedly patriotism, so-called, is the gravest danger to which civilization is at present exposed, and anything that increases its virulence is more to be dreaded than plague, pestilence, and famine. At present young people have a divided loyalty, on the one hand to their parents, on the other to the State. If it should happen that their sole loyalty was to the State, there is grave reason to fear that the world would become even more bloodthirsty than it is at present. I think, therefore, that so long as the problem of internationalism remains unsolved, the increasing share of the State in the education and care of children has dangers so grave as to outweigh its undoubted advantages.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です