ラッセル『結婚論』家族と国家 n.5


第十五章 家族と国家 n.5:貧困の賃金労働者の父親から親権をとりあげた場合

 そういった法律が可決されたと仮定した場合,家族(というもの)が道徳に及ぼす影響は,当の法律がどのように起草されているか(どのようなことがどのように規定されているか)にかかっている。その法律は,子供が私生児(非嫡出子)なら,女性は支払いを受けない,というふうに起草されるかもしれない。あるいは,また(again 昔と同じようにまた),女性がたとえ一度でも姦通(不義密通)を犯したことが証明された場合は,支払いは彼女ではなく夫になされるべきである,と規定されるかもしれない。もしも,それが法律となるなら(そのような法律であるなら),すべての既婚女性を訪問して,その品行(道徳的状態)を調査することが地方警察の職務になるだろう。その効果(結果)は,(彼女たちを)最大限高潔にすることになるかもしれないが,高潔にされた人たちがほんとうに喜ぶかどうかは,疑わしい。

私の考えでは,やがて(presently まもなく),警察の干渉は中止すべきだ,という要求が持ち出されるだろうし,その当然の帰結は(with the corollary),私生児の母でさえも(公的)手当を受けるべきである,ということになるだろう。かりにそうなったとしたら,賃金労働者階級の父親の経済的な力(影響力)は,完璧に失われるだろうし,おそらく,家族はやがて両親揃ったものではなくなり,父親の重要性も猫や犬の間に見られる以上のものではなくなるだろう。

Chapter XV: The Family and the State, n.5

Assuming such a law to have been passed, its effects upon family morals will depend upon how it has been drafted. The law may be so drafted that a woman receives no payment if her child is illegitimate,’ or again, it might be decreed that if she can be proved even once guilty of adultery, the payment should be made to her husband instead of to her. If such is the law, it will become the duty of the local police to visit every married woman and make an inquisition into her moral status. The effect might be most elevating, but I doubt whether those who were being elevated would altogether enjoy it. I think there would presently come to be a demand that police interference should cease, with the corollary that even the mothers of illegitimate children should receive the allowance. If that were done, the economic power of the father in the wage-earning class would be completely at an end, and the family would probably cease after a time to be bi-parental, the father being of no more importance than among cats and dogs.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です