ラッセル『結婚論』家族と国家 n.2


第十五章 家族と国家 n.2:教育制度と階級の関係

 国家が父親に取って代わるこのプロセスに対し,明確な制限(限界)を設けることはできない。国家が引き継いだもの(こと)は,母親というよりも,むしろ,父親の機能(役割)である。なぜなら,国家は,子供のために本来なら(otherwise そうでなければ)父親が金(代価)を支払わなければならないサービスをするからである。上流や中流の階級においては,このプロセス(進行/経過)は,ほとんど起こっていない。その結果,賃金労働者の間よりも,裕福な人びとの間のほうが父親はより重要なままであり,家族もより安定している。ソビエト・ロシアのように,社会主義を真剣に採り入れているところにおいては,以前,金持ちの子弟のために作られた教育機関を廃止したり,すっかり改革したりすることが,重要かつ絶対必要な事業だと認識されている。このようなことが英国で起こるとは,少し想像し難い。私は,高名なイギリスの社会主義者たちが,すべての子供は小学校に行くべきだという提案を聞いて,口角泡をとばして怒鳴るのを見たことがある。「何だって? 私の子供がスラムの子供とつきあうんだって! とんでもない!」と(言うように)彼らは叫ぶ(のだ)。奇妙なことに,彼らは,階級の区別がどれほど深く教育制度と結びついているか,わかっていないのである。

Chapter XV: The Family and the State, n.2

To this process of substituting the State for the father no clear limit can be set. It is the functions of the father rather than of the mother that the State has taken over, since it performs for the child such services as the father would otherwise have to pay for. In the upper and middle classes this process has hardly taken place at all, and consequently the father remains more important, and the family more stable, among the well-to-do than among wage-earners. Where Socialism is taken seriously, as in Soviet Russia, the abolition or complete transformation of educational institutions previously intended for the children of the rich is recognized as an important and vitally necessary undertaking. It is difficult to imagine this taking place in England. I have seen prominent English Socialists foam at the mouth at the suggestion that all children ought to go to elementary schools. “What? my children associate with the children of the slums? Never!” they exclaim. Oddly enough, they fail to realize how profoundly the division between the classes is bound up with the educational system.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です