ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.11


ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.11:

 このような制度(子供の養育権を父親からとりあげる制度)が男性の心理に及ぼす影響については,若干,前章で触れた。そういう制度は,男性の女性に対する関係のまじめさをはなはだしく減少させ,その関係を,心と精神と肉体の親密な結合ではなく,ますます単なる快楽の問題にしてしまうだろう,と私は信じている。(また)そういった制度は,すべての人間関係において,ある種瑣末なものに向かう傾向がある(注:tend towards a certain triviality/(人間関係は)ある種瑣末なものになりがちであり),その結果,男性の真剣な強い感情(情緒)は,自分の経歴や,自国や,あるいは何かまったく非個人的な問題に向けられるようになるだろう。

けれども,そういう言い方は,いくらか一般的(な言い方)にすぎるであろう。男性は,お互いに,はなはだしく異なっており,ある一人にとって大きな損失であるものが,もう一人にとっては,まったくもって申し分のないものであるかもしれないからである。いくらか躊躇しながら述べれば,認められた社会的関係としての父性が奪われたとしたら,男性の情緒生活をつまらなく,薄っぺらいものにしがちであり,ついには,ゆっくりと退屈と絶望を引き起こし,その中で,生殖(procreation)は次第に死に絶えていくであろう,と私は信じている。そして,人類は,より古い慣習(しきたり)を守ってきた種族(stocks 血統)によって補充されることになるだろう(注:一夫一婦制や家父長制を固守してきた種族が増えていくことになる/減った分が補充されることになるであろう)。退屈と平凡は避けがたいだろう,と私は思う。人口の減少は,もちろん,女性に十分な報酬を支払って,母親という職業につかせることで,防止できるだろう。もしも,軍国主義が相変らず今日のように強固であるなら,おそらく,こういうことが遠からず実行されるだろう。しかし,この方面に考えを向けるのは,のちの章で扱う人口問題の考察に属することである。従って,当面,そのことはこれ以上追求しないことにする。

Something was said in the last chapter as to the effect of such a system upon male psychology. It would, I believe, immensely diminish the seriousness of men’s relations to women, making them more and more a matter of mere pleasure, not an intimate union of heart and mind and body. It would tend towards a certain triviality in all personal relations, so that a man’s serious emotions would be concerned with his career, his country, or some quite impersonal subject. All this, however, is expressed somewhat too generally, for men differ profoundly one from another, and what to one might be a grave deprivation might to another be entirely satisfactory. My belief is, though I put it forward with some hesitation, that the elimination of paternity as a recognized social relation would tend to make men’s emotional life trivial and thin, causing in the end a slowly growing boredom and despair, in which procreation would gradually die out, leaving the human race to be replenished by stocks that had preserved the older convention. The boredom and triviality would, I think, be unavoidable. The diminution of population could, of course, be guarded against by paying women a sufficient sum for taking up the profession of motherhood. This will presumably be done before long, if militarism remains as strong as it is at present. But this line of thought belongs with the consideration of the population question, which will be dealt with in a later chapter. I shall not, therefore, at present pursue it farther.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です