ラッセル『結婚論』第十三章 今日の家族 n.10


『結婚論』第十三章 今日の家族 n.10:

 現代世界においては,大部分の父親は忙しすぎて,あまりわが子と顔を合わせることがない。朝は,仕事に出かけるのに忙しくて,(子供と)会話をする暇がない。夜は,帰宅すると,子供たちは寝ている(あるいは,寝ていなくてはならない)。父親のことを「週末にやってくるおじさん」としてのみ知っている子供たちの話を,(時々)耳にする。子供の世話をするという大事な仕事に,父親はめったに参加できない。実際,この義務は,母親と教育関係者とが分担している。
子供と過ごせる時間が少ないにもかかわらず,父親が子供に強い愛情を抱いていることはよくあることは事実である。日曜日ごとに,ロンドンの貧しい地域のどこでも,幼い子供たちを連れた,多数の父親たち(の姿)を見かけることができるであろう。父親たちは,明らかに,子供をよく知るための短い機会を楽しんでいるのである。しかし,父親の目から見てどうであろうと,子供の目から見れば,これは遊びの関係であり,非常に重要なものではない(のである)。

Chapter XIII: Family at present day, n.10

In the modern world, the great majority of fathers are too hard-worked to see much of their own children. In the morning they are too busy getting off to work to have time for conversation ; in the evening, when they get home, the children are (or ought to be) in bed. One hears stories of children who only know of their father as “that man who comes for the week-end”. In the serious business of caring for the child, fathers can seldom participate; in fact this duty is shared between mothers and education authorities. It is true that the father often has a strong affection for his children in spite of the small amount of time that he can spend with them. On any sunday, in any of the poorer quarters of London, large numbers of fathers may be seen with their young children, evidently rejoicing in the brief opportunity of getting to know them. But whatever may be the case from the father’s point of view, from that of the child this is a play relation, without serious importance.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM13-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です