ラッセル『結婚論』第十三章 今日の家族 n.7


『結婚論』第十三章 今日の家族 n.7:キリスト教道徳と仏教道徳との違い

けれども,仏教の場合(事例)は,宗教の純粋に経済的な原因を不当に強調してはいけないということを,我々に警告するであろう(警告するはずである)。私は,仏教が広まった時代のインドの状況を十分知らないので,仏教が個人の魂を強調するのは経済的な原因であるとすることはできないし(assign for 帰する),むしろ,そういう原因が存在したかどうかも疑わしいと思っている。仏教がインドで栄えた時代を通して,仏教は本来(主として),王侯のための宗教であったように思われる。そこで,家族に関する思想が,(きっと)他のどの階級よりも強く王侯を支配していたと考えることができるだろう。にもかかわらずこの世を軽蔑し(軽んじ/見下し),魂の救済を求めることが一般的となり,その結果,仏教の倫理(道徳)においては,家族はきわめて従属的な地位を占めるようになっている。偉大な宗教指導者は,マホメット,それから-もし,孔子を宗教的と言えるならば-孔子も,一般的に言って,社会や政治の問題に非常に無関心であり,むしろ,瞑想,修行,自己否定によって,魂の完成を図ろうとした(のである)。

 有史時代に起こった宗教は,既に先史時代から存在していた(歴史の記録が始まった時には既に存在していた)宗教とは異なり,通例,個人主義的であり,人は孤立したままで,自分のあらゆる義務を果たすことができる,と考えがちであった。もちろん,そうした宗教も,人が社会的な関係を持っている場合は,そういう関係に属すると認められる義務は果たすべきだと主張したが,通例,そういう関係を結ぶこと自体が義務であるとは見なしていなかった。このことは,特にキリスト教にあてはまるのであり,キリスト教は,家族(制度)に対して,常に両面価値的な態度をとってきた。「私(注:神)よりも父や母を愛するものは,私にふさわしくない」と福音書にある。これは,要するに(in effect),たとえ両親が(自分がやることを)正しくないと思っていても,人は自分が正しいと信じることをするべきである,ということを意味しており,この見解には,古代ローマ人も,古風な中国人も同意しないであろう。キリスト教に含まれる,この個人主義のパン種(leaven イースト酵母)は,ゆっくりと作用したが,特に最も熱心な人々(信者)の間で,あらゆる社会的な関係を徐々に弱める傾向があった。この影響は,カトリックでは新教(プロテスタンティズム)ほど見られない。というのは,新教(プロテスタンティズム)においては,我々は人間よりも神に従うべきだという原理に含まれている無政府主義的な要素が,前面に出てきたからである。神に従うことは,実際上,自分の良心に従うことであるが,人間の良心はそれぞれ異なるかもしれない(違う可能性がある)。それゆえ,良心と法律の間でときどき衝突が起こらざるをえず,その場合,真のキリスト教徒は,法律の命令よりも自分自身の良心に従う人を尊敬するべきだと感じるであろう。(原注:このことの一例として,第一次世界大戦中,ヒュー・セシル卿が良心的参戦拒否者に対して示した寛容さは注目に値する。)初期の文明においては,父親が神であったが,キリスト教では,神が父である。その結果,単なる人間にすぎない親の権威は弱くなった(のである)。

Chapter XIII: Family at present day, n.7

The case of Buddhism, however, should warn us against an undue emphasis upon the purely economic causation of religions. I do not know enough of the condition of India at the time when Buddhism spread to be able to assign economic causes for its emphasis upon the individual soul, and I am rather doubtful whether such causes existed. Throughout the time when Buddhism nourished in India, it appears to have been primarily a religion for princes, and it might have been expected that ideas connected with the family would have had a stronger hold upon them than upon any other class. Nevertheless, contempt of this world and the search for salvation became common, with the result that in Buddhist ethics the family holds a very subordinate place. Great religious leaders, with the exception of Mohammed -and Confucius, if he can be called religious- have in general been very indifferent to social and political considerations, and have sought rather to perfect the soul by meditation, discipline, and self-denial. The religions which have arisen in historical times, as opposed to those which one finds already in existence when historical records begin, have been, on the whole, individualistic, and have tended to suppose that a man could do his whole duty in solitude. They have, of course, insisted that if a man has social relations he must perform such recognized duties as belong to those relations, but they have not, as a rule, regarded the formation of those relations as in itself a duty. This is especially true of Christianity, which has always had an ambivalent attitude towards the family. “Whoso loveth father or mother more than me is not worthy of me”, we read in the Gospels, and this means, in effect, that a man should do what he thinks right, even if his parents think it wrong -a view to which an ancient Roman or an old-fashioned Chinese would not subscribe. This leaven of individualism in Christianity has worked slowly, but has tended gradually to weaken all social relations, especially among those who were most in earnest. This effect is less seen in Catholicism than in Protestantism, for in Protestantism the anarchic element contained in the principle that we ought to obey God rather than man came to the fore. To obey God means, in practice, to obey one’s conscience, and men’s consciences may differ. There must, therefore, be occasional conflicts between conscience and law, in which the true Christian will feel bound to honour the man who follows his own conscience rather than the dictates of the law. (note: As an example of this, we may note the leniency of Lord Hugh Cecil to conscientious objectors during the war.) In early civilization, the father was God; in Christianity, God is the Father, with the result that the authority of the merely human parent is weakened.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM13-070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です