ラッセル『結婚論』第十三章 今日の家族 n.5


『結婚論』第十三章 今日の家族 n.5:権力と差別の発生

 家族(制度)を最高度までに成熟させたものは,初期の牧畜・農業社会の経済的状況であった。大部分の人たちにとっては,奴隷労働は手に入らなかった(利用することができなかった)。それゆえ,労働者(働き手)を手に入れる最も容易な方法は,労働者(となる子ども)を生むことであった(産めよ増やせよ)。彼ら(子供たち)が父親のために必ず働くようにするには,宗教と道徳のすべての重みをかけて(重み付けをして),家族制度を神聖化する必要があった。長子相続(primogeniture)は,しだいに家族の結合を傍系親族(分家筋)にまで広げ,家長の権力を強めていった。王や貴族の身分(王政や貴族制)は,本質的に,この思想の秩序の上に成り立っており,また,でさえ,そうである。なぜなら,(ギリシア神話の)ゼウスは,神々と人間の父であったからである

Chapter XIII: Family at present day, n.5

It was the economic conditions of early pastoral and agricultural communities that brought the family to its fullest fruition. Slave labour was, for most people, unavailable, and therefore the easiest way to acquire labourers was to breed them. In order to make sure that they should work for their father, it was necessary that the institution of the family should be sanctified by the whole weight of religion and morals. Gradually primogeniture extended family unity to collateral branches, and enhanced the power of the head of the family. Kingship and aristocracy depend essentially upon this order of ideas, and even divinity, since Zeus was the father of gods and men.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM13-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です