ラッセル『結婚論』第十章 結婚 n.12


第十章 結婚 n.12: 仮面夫婦であってはならず,束縛しあってはならない

 それゆえ,文明人の男女が結婚生活において幸福になることは可能であるけれども,これを実現するためには(if this is to be the case そうなるためには),いくつかの条件が満たされなければならない。(即ち)(夫婦)両者の側に完全な平等感がなければならない。お互いの自由を決して干渉してはならない。(両者の間に)最大限,完全な肉体的・精神的な親密さがなければならない。また,価値の基準について,ある一定の類似性(注:価値観がある程度似通っていること)がなければならない。(たとえば,一方が金銭だけを尊重するのに対して,他方は立派な仕事のみを尊重するような場合は,致命的である。)

以上の条件がすべて満たされるなら,結婚は二人の人間の間に存在しうる最良かつ最重要な関係になる,と私は信じている。これまでそれがあまり実現しなかったとすれば,それは主として,夫と妻が,自分のことをお互いの警察官だとみなしてきたためである(注:お互いに相手を規制してきたためである)。もしも,結婚生活の可能性を(できるだけ)実現させたいのであれば,夫と妻は,法律がなにをと言おうとも(法律がどうであれ),私生活においては,二人は(お互いに)自由でなければならないということを,理解しなければならない。

Chapter X: Marriage, n.12

It is therefore possible for a civilized man and woman to be happy in marriage, although if this is to be the case a number of conditions must be fulfilled. There must be a feeling of complete equality on both sides; there must be no interference with mutual freedom ; there must be the most complete physical and mental intimacy; and there must be a certain similarity in regard to standards of values. (It is fatal, for example, if one values only money while the other values only good work.) Given all these conditions, I believe marriage to be the best and most important relation that can exist between two human beings. If it has not often been realized hitherto, that is chiefly because husbands and wives have regarded themselves as each other’s policemen. If marriage is to achieve its possibilities, husbands and wives must learn to understand that whatever the law may say, in their private lives they must be free.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM10-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です