ラッセル『結婚論』第十章 結婚 n.10


第十章 結婚 n.10: 愛を束縛することは愛を壊す

 現代の結婚(の道のり/結婚生活)にはもうひとつ別の困難があるが,それは,恋愛(男女間の愛情)の価値を一番よく知っている人びとが特に痛感しているものである。恋愛(男女間の愛情)は,自由で自発的である場合にしか栄えることはできない。即ち(従って)恋愛(男女間の愛情)は,義務(の一つ)として考えるときには損なわれがちである。誰それを愛するのはあなたの義務であると言えば(言われれば),確実に,あなたはその人(彼あるいは彼女)のことが嫌いになってしまう(であろう)。恋愛(男女間の愛情)に法律のかせ(束縛)を結びつけるものとしての結婚は,このようにして,あぶはち取らずに終わる(falls between two stools 二兎を追って一兎も得ず)ということになるのである。シェリー(著名な抒情詩人)は次のように言っている。

私はこれまで決してあの偉大なる宗派に属していたことはなかった
その宗派の教義は,人は皆,それぞれ,多数の中から一人の愛人(恋人)や一人の友を選ぶべしであり,
その他の人々のことは,賢く,善い人であろうとも,
冷たい忘却へ委ねなさい,と教える
でも,これは現代の道徳律であり,踏みならされた道であり
その道を(偉大なる宗派に属する)哀れな奴隷たちが弱々しい足取りで歩いて行く
彼らは,この世の広い通りを、死者の間を抜けて,家路をたどる
そうして,鎖につながれた一人の友,おそらくは,ねたみ深い敵とともに
これ以上ないほどわびしくて長い旅を続けるのである

他のどこからも,愛がいっさい近づかないように心を閉ざし,結婚(生活)に心を集中させることは,感受性や,同情や,貴重な人間的接触の機会を減少させることになるのは,疑問の余地はまったくない。それは,最も理想主義的な立場から見れば,本質的に望ましいものを壊すことである。そして,あらゆる種類の拘束的な道徳同様に,それは,人生全般に対していわゆる警察官的な見方を増進しがちである。即ち,何かを禁止する機会を絶えず探している見方である。

Chapter X: Marriage, n.10

There is another difficulty in the way of modern marriage, which is felt especially by those who are most conscious of the value of love. Love can only flourish as long as it is free and spontaneous; it tends to be killed by the thought that it is a duty. To say that it is your duty to love so-and-so is the surest way to cause you to hate him or her. Marriage as a combination of love with legal bonds thus falls between two stools. Shelley says :-

I never was attached to that great sect
Whose doctrine is that each one should select
Out of the crowd a mistress or a friend,
And all the rest, though wise and good, commend
To cold oblivion; though it is the code
Of modern morals, and the beaten road
Which those poor slaves with weary footsteps tread
Who travel to their home among the dead
By the broad highway of the world, and so
With one chain’d friend, perhaps a jealous foe,
The dreariest and the longest journey go.

There can be no doubt that to close one,s mind on marriage against all the approaches of love from elsewhere is to diminish receptivity and sympathy and the opportunities of valuable human contacts. It is to do violence to something which, from the most idealistic standpoint, is in itself desirable. And like every kind of restrictive morality it tends to promote what one may call a policeman,s outlook upon the whole of human life-the outlook, that is to say, which is always looking for opportunities to forbid something.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM10-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です