ラッセル『結婚論』第九章 人生における恋愛の位置 n.10


第九章 人生における恋愛の位置 n.10:性的に解放された人々?

 現代の(性的に)解放された人びとの間において,我々が関心をもっているようなまじめな意味での恋愛は,新たな危険にさらされている。性交をしてみたいというちょっとした性衝動を感じる時さえも含め,あらゆる機会において,性交をすることに道徳的なためらいをまったく感じなくなると,人々は,性をまじめな情緒や愛情から切り離して考える習慣を身につける(注:get into the habit of)。(それどころか,)性を憎悪の感情と結びつけるようにさえなるかも知れない(可能性がある)。こういう種類のことについては,オルダス・ハックスリーの小説が最もよい実例を提供している(与えている)。彼の作中人物たちは,聖パウロと同様に,性交を単に生理的なはけ口としか見ていない。(つまり)性が結びつくことのできる,より高い価値は,作中人物には知られていないように思われる。そのような態度から,禁欲主義の復活はほんの一歩にすぎない。恋愛には,それ自身に固有の理想と,それ自身に内在する道徳的基準とがある。それらは,キリスト教の教えや,若い世代のかなりの部分の間にわき起こった,一切の性道徳に対する無差別な反抗の中で,不明瞭なものになってしまっている。

愛(恋愛感情)と切り離された性交は,本能に深い満足をもたらすことはできない。私は,恋愛感情のない性交は決してあってはならない,と言っているのではない。というのは,愛のない性交を確実になくするためには,恋愛もまたかなり成立しにくくなるほどの厳重な障壁を設けなければならないからである。私が言っているのは,愛のない性交はほとんど価値のないものであって,第一義的に,恋愛を目指す実験とみなされるべきである,ということである。

Chapter IX: The place of love in human life, n.10

Among modern emancipated people, love in the serious sense with which we are concerned is suffering a new danger. When people no longer feel any moral barrier against sexual intercourse on every occasion when even a trivial impulse inclines to it, they get into the habit of dissociating sex from serious emotion and from feelings of affection; they may even come to associate it with feelings of hatred. Of this sort of thing Aldous Huxley’s novels afford the best illustration. His characters, like St. Paul, view sex intercourse merely as a physiological outlet; the higher values with which it is capable of being associated appear to be unknown to them. From such an attitude it is only a step to the revival of asceticism. Love has its own proper ideals and its own intrinsic moral standards. These are obscured both in Christian teaching and in the indiscriminate revolt against all sexual morality which has sprung up among considerable sections of the younger generation. Sex intercourse divorced from love is incapable of bringing any profound satisfaction to instinct. I am not saying that it should never occur, for to ensure this we should have to set up such rigid barriers that love also would become very difficult. What I am saying is that sex intercourse apart from love has little value, and is to be regarded primarily as experimentation with a view to love.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM09-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です