ラッセル『結婚論』第九章 人生における恋愛の位置 n.9


第九章 人生における恋愛の位置 n.9: 恋愛の障害となるもの

 現代世界には,もうひとつ,恋愛(感情)の十全な発展にとって,もっと心理的な障害となるものが存在している。それは,多くの人びとが感じている,自分の個性が損なわれはしないか(そのままの自分の個性を保てないのではないか),という恐怖(心)である。これは,愚かな恐怖であり,またかなり現代的な恐怖(心)である。(注:岩波文庫の安藤訳では,rather を「どちらかと言えば」と訳されているが,ここでは「かなり」の意味と思われる。即ち、昔は個性をそれほど重要視しておらず,個性尊重は現代的な考えである,といった意味と思われる。)個性は,それ自体が目的ではない。個性は,(個性が)実を結ぶために世界と接触しなければならないものであり,世界と接触することで個性は孤立化をまぬがれなければならないガラス箱の中に入れられた個性はしぼんでしまうが,人間的接触に惜しげなく(自由に)費やされた個性は豊かになる。

恋愛と,(自分の)子供と,(自分の)仕事は,個人と世界の他の人々との実り豊かな接触の大きな源泉である。これらのなかで,普通,恋愛が時間的には最初にくる(注:子どもは恋愛の結果,また定職を持つのは家族を養うため)。のみならず,愛情(夫婦愛)は,親としての愛情が最良のかたちで発達するためには必須である。というのも,子供は,とかく両親の特徴(性格)を再生しがちであり,両親が愛しあっていない場合は,それぞれの親は,自分の特徴が子供に現われたときにだけ喜び,相手の特徴が現われたときには苦痛を感じることになるからである。

仕事は,いつも人を外界との実り多い接触に導くことができるわけでは決してない。仕事がそのような接触に導くことがができるかどうかは,仕事にたずさわる精神にかかっている。もっぱら金銭だけが動機となっているような仕事には,この価値を持ち得ないのであって,ある種の献身 -人に対してであれ,物に対してであれ,あるいは,単なる夢に対してであれ- が具現化されているような仕事にだけがそのような価値を持つことができる。

また,(注:異性愛/現在では異性とは限らないが・・・)そのものも,独占欲(所有欲)の強いものにすぎない場合には,無価値である。その場合は,愛情は,単に金目当ての仕事と同じレベル(水準)にある。今我々が話しているような価値を愛が持つためには,その愛は,愛する人(愛する対象)の自我を自分の自我と同じように大切に思い,相手の感情や望みを,自分のことのようによく理解しなければならない。即ち,相手をも(同様に)包みこんでしまうように,自己本位の感情を,意識的にだけではなく,本能的に拡大しなければならない(のである)。こういうことをすべて困難にしてしまったのは,現代の闘争的な競争社会と,一部はプロテスタンティズムから,一部はロマン主義運動から生まれた,愚かな個性礼賛であった

Chapter IX: The place of love in human life, n.9

There is another more psychological obstacle to the full development of love in the modern world, and that is the fear that many people feel of not preserving their individuality intact. This is a foolish and rather modern terror. Individuality is not an end in itself; it is something that must enter into fructifying contact with the world, and in so doing must lose its separateness. An individuality which is kept in a glass case withers, whereas one that is freely expended in human contacts becomes enriched. Love, children, and work are the great sources of fertilizing contact between the individual and the rest of the world. Of these love is usually chronologically the first. Moreover, it is essential to the best development of parental affection, since a child is apt to reproduce the characteristics of both parents, and if they do not love each other, each will only enjoy his own characteristics when they appear in the children, and will be pained by the characteristics of the other parent. Work is by no means always capable of bringing a man into fruitful contact with the outer world. Whether it does so or not depends upon the spirit in which it is undertaken. Work of which the motive is solely pecuniary cannot have this value, but only work which embodies some kind of devotion, whether to persons, to things, or merely to a vision. And love itself is worthless when it is merely possessive; it is then on a level with work which is merely pecuniary. In order to have the kind of value of which we are speaking, love must feel the ego of the beloved person as important as one’s own ego, and must realize the other’s feelings and wishes as though they were one’s own. That is to say, there must be an instinctive and not merely conscious extension of egoistic feeling so as to embrace the other person as well. All this has been rendered difficult by our pugnacious competitive society, and by the foolish cult of personality derived partly from Protestantism and partly from the Romantic Movement.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM09-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です