ラッセル『結婚論』第七章 女性の解放, n.9


第七章 女性の解放 n.9: 後戻りできない

これに反して,もしも,古い道徳を回復したいと思うのなら,ある一定の事柄が必須である(注:以下,こんなことはできるわけないでしょう,という皮肉)。そのうちのいくつかはすでになされているが,それだけでは効果的ではないことは,経験が示す(示している)ところである。

 第一の必須要件は,女子の教育は,彼女たちを愚鈍で,迷信深く,無知にするようなものでなければならない,ということである。この要件は,教会が何らかの統制力を持っている学校ではすでに満たされている。

次の(第二の)必須要件は,性の主題に関する情報を提供する全ての図書を厳しく検閲することである。この条件も,英国やアメリカでは徐々に満たされようとしている。法律を改正しなくても,警察がますます熱心に検閲を厳しくしているからである。

けれども,以上の条件は,すでに存在しているのだから(存在しているのに十分でないのであるから),明らかに不十分である。唯一の十分な条件は,若い女性から,男性と二人だけでいるいっさいの機会をとりあげることである。即ち,女子には,家庭の外の仕事で生計をたてることを禁止しなければならない。(また)母親,あるいはおばといっしょでないかぎり,絶対に外出を許してはならない。付き添いなしにダンスパーティーに(若い女性一人で)行くという嘆かわしい習慣は,断固,根絶(stamped out)しなければならない。50歳以下の未婚の女性が自動車を持つことは違法としなければならない(注:もちろん監視の目が届かないため)。また,すべての未婚女性に月に一度,警察医の診断を受けさせ,処女でないことがわかった者(hot virgins)は,残らず更生施設に送るのが,おそらく,賢明であろう。避妊用具の使用は,むろん,根絶やしにしなければならないし,未婚女性との会話で,永遠の地獄の責め苦の教義に疑いを投げかけるようなことは,違法としなければならない。これらの措置が,百年ないしそれ以上の間,精力的に実施されるならば,もしかすると,不道徳の上げ潮(流れ)をせき止めるのに,いくらか役立つかもしれない。けれども,ある一定の権力乱用のリスクを避けるために,すべての警官や医者を去勢することが必要であろう,と私は考える。男の性質に内在する堕落を考えると,おそらく,この政策をもう一歩推し進めるのが賢明だろう。道学者(モラリスト)が,牧師を除き全ての男性は去勢されるべきである,と主張するのも思慮のあることだと私は考えに傾いている。(原注:『エルマー・ギャントリー』を読んで以来,私は,おそらく,この例外さえもあまり賢明でないはないと感じ始めている。)(注:つまり,牧師も含め全員断種すれば人類は絶滅することになるのでこんなことはできるはずはない,という皮肉。)

Chapter VII: The Liberation of women, n.9

If, on the other hand, the old morality is to be re-established, certain things are essential ; some of them are already done, but experience shows that these alone are not effective. The first essential is that the education of girls should be such as to make them stupid and superstitious and ignorant ; this requisite is already fulfilled in schools over which the Churches have any control. The next requisite is a very severe censorship upon all books giving information on sex subjects ; this condition also is coming to be fulfilled in England and in America, since the censorship, without change in the law, is being tightened up by the increasing zeal of the police. These conditions, however, since they exist already, are clearly insufficient. The only thing that will suffice is to remove from young women all opportunity of being alone with men: girls must be forbidden to earn their living by work outside the home; they must never be allowed an outing unless accompanied by their mother or an aunt ; the regrettable practice of going to dances without a chaperon must be sternly stamped out. It must be illegal for an unmarried woman under fifty to possess a motor-car, and perhaps it would be wise to subject all unmarried women once a month to medical examination by police doctors, and to send to a penitentiary all such as were found to be hot virgins. The use of contraceptives must, of course, be eradicated, and it must be illegal in conversation with unmarried women to throw doubt upon the dogma of eternal damnation. These measures, if carried out vigorously for a hundred years or more, may perhaps do something to stem the rising tide of immorality. I think, however, that in order to avoid the risk of certain abuses, it would be necessary that all policemen and all medical men should be castrated. Perhaps it would be wise to carry this policy a step farther, in view of the inherent depravity of the male character: I am inclined to think that moralists would be well advised to advocate that all men should be castrated, with the exception of ministers of religion.(note: Since reading Elmer Gantry, I have begun to feel that even this exception is perhaps not quite wise.)
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM07-100.HTM

<寸言>
男女が親密に交わることを禁ずる非現実的な「予防措置」をとらなければ性の解放の流れをとめることはできないが、それは不可能なこと。山本リンダが歌うように「どうにも止まらない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です