ラッセル『結婚論』第七章 女性の解放, n.4


第七章 女性の解放 n.4; 男女がお互いを縛るのではなく自由を認めあう

 男女の平等への要求は,最初から,政治的な問題(事柄)だけでなく,性道徳にも関係していた。メアリー・ウルストンクラフト(Mary Wollstonecraft, 1759- 1797:主著『女性の権利の擁護』。小説『フランケンシュタイン』で有名なメアリ・シェリー は実の娘)の態度は,徹底して現代的であったが,彼女に続いた女性の権利の開拓者たちは,この点で彼女を見習うことはしなかった。反対に,彼女らは,大部分,きわめて厳格な道徳家(モラリスト)であり,彼女たちの願いは,それまで女性だけが耐えてきた道徳的な足かせを男性にもかけてやりたいということであった。けれども,1914年以降(注:第一次世界大戦勃発以降),若い女性たちは,あまり理論武装することなく,違った路線をとってきた。もちろん,第一次大戦の感情的な興奮がこの新しい発展を促進した原因であるが,それは,いずれにせよ遠からずやって来ていたことであろう。過去において女性が貞操を守っていた動機は,主に,(罰としての)地獄の業火の恐れと妊娠の恐れであった。一つ(前者)は,神学的正統主義の衰退によって,もう一つ(後者)は,避妊法によって取り除かれた。伝統的な道徳は,しばらくの間,慣習の力や精神的な惰性の力によって,どうにか持ちこたえていたが(managed to hold out),大戦の衝撃によって,これらの障壁も崩れてしまった。

現代のフェミニスト(女権拡張論者)たち,もはや,30年前のフェミニストたちほど,男性の「悪徳」を削減したがってはいない。彼女たちは,むしろ,男性に許されるものは,自分たちにも許されることを要求する。彼女たちの先輩が,道徳的な奴隷状態の中での平等を求めたのに対して,彼女たちは,道徳的な自由の中での平等を求めているのである。

Chapter VII: The Liberation of women, n.4

The demand for equality between men and women concerned itself from the first not only with political matters but also with sexual morality. The attitude of Mary Wollstonecraft was thoroughly modern, but she was not imitated in this respect by the subsequent pioneers of women’s rights. They, on the contrary, were for the most part very rigid moralists, whose hope was to impose upon men the moral fetters which hitherto had only been endured by women. Ever since 1914, however, young women, without much theorizing, have taken a different line. The emotional excitement of the war was no doubt the precipitating cause of this new departure, but it would have come before very long in any case. The motives of female virtue in the past were chiefly the fear of hell-fire and the fear of pregnancy; the one was removed by the decay of theological orthodoxy, the other by contraceptives. For some time traditional morality managed to hold out through the force of custom and mental inertia, but the shock of the war caused these barriers to fall. Modern feminists are no longer so anxious as the feminists of thirty years ago to curtail the “vices” of men; they ask rather that what is permitted to men shall be permitted also to them. Their predecessors sought equality in moral slavery, whereas they seek equality in moral freedom.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM07-040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です